2011年01月13日

プレスリリース
健康食品市場に関する調査結果 2010
~通信販売チャネルの伸長が市場拡大に貢献~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内健康食品市場の調査を実施した。

1.調査期間:2010年10月~12月
2.調査対象:健康食品メーカーを中心に、一般食品メーカー、製薬メーカー、関連団体、管轄官庁等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、消費者アンケート調査、文献調査併用

<健康食品とは>
本調査における健康食品とは、機能性を訴求した食品であり、かつその形状が、錠剤、カプセル、粉末、ミニドリンクタイプの商品のみを対象とする。
 

調査結果サマリー

◆ 2009年度の健康食品市場規模は前年度比100.9%の6,757億円、4年ぶりの拡大
 2009年度の健康食品市場規模は前年度比100.9%の6,757億円(メーカー出荷金額ベース)と推計し、2006年度から2008年度まで縮小傾向にあった同市場は、わずかながらも4年ぶりに拡大に転じた。
 近年、行政による規制・監視の強まり、また健康情報番組の減少によりヒット素材が生まれにくくなっている。さらに景気後退による消費者の消費抑制の動きが健康食品市場にも影響を及ぼし、厳しい市場環境が続いたが、通販市場の伸びが市場拡大に貢献した。

◆ 年々存在感を増す通信販売チャネル
 健康食品市場における販売チャネルは無店舗販売と店舗販売の2つに大別され、無店舗販売(訪問販売・通信販売)が約7割と圧倒的割合を占めている。とくに、通信販売チャネルの伸びが近年著しい。同チャネルは2009年度に2,333億円まで拡大し、訪問販売のシェアに近づいてきている。

◆ “内外美容” “アクティブシニア”をキーワードに拡大する美容・アンチエイジング・エイジングケア向け素材
 健康食品市場において、中高年の女性を中心とした需要を取り込んで市場が拡大しているのが、美容・アンチエイジング向けの素材である。“内外美容”という言葉が一般に定着し、体の内側からのケアを行うための美容サプリメントとしてコラーゲンやヒアルロン酸などが堅調に推移している。また、ジョギングやウォーキング、軽登山などを好むアクティブシニアの増加により、健康食品の摂取によって加齢に伴う身体的な悩みを改善させ、健康状態を維持しようとする動きも活発化している。
 

733_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2011年版 健康食品の市場実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧