2013年08月02日

プレスリリース
スマートグラスとスマートウォッチに関する調査結果 2013
~ウェアラブル端末の増加でバイタルデータを活用したビジネスに期待~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてスマートフォンと連携するサービス・機器に関する調査を実施した。ここではスマートグラスとスマートウォッチを取り上げる。

1.調査期間:2013年2月~6月
2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピューターメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<スマートグラス、スマートウォッチとは>
本調査におけるスマートグラスとは頭部に装着する眼鏡型のディスプレイ端末をさす。バッテリー、無線機能を搭載し、スマートフォンと連携して様々な情報を表示でき、また音声入力で操作可能である。
本調査におけるスマートウォッチとはスマートフォンと連携可能な時計型の端末で、時間に加え、メール着信や天気など各種情報の表示、また内蔵されたセンサーで体温、血圧などのバイタルデータの検知・収集が可能である。

調査結果サマリー

◆ スマートフォン連携はワイヤレス接続が主流に、セルフケアやヘルスケアサービスに期待
スマートフォンに搭載されるBluetooth、WiFi、NFCなどのワイヤレス接続に対応したエレクトロニクス製品が増加。なかでもスマートグラス、スマートウォッチに代表されるウェアラブル端末の増加により、収集した個人のバイタルデータを活用したセルフケアやヘルスケアサービス事業が期待される。


◆ 2013年スマートグラスの世界市場規模は45万台を予測、2016年は1,000万台規模に
2013年のスマートグラスの世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで45万台を見込む。2014年末以降、参入事業者の本格的な市場参入が始まるとみられ、2016年の出荷台数は1,000万台を予測する。


◆ 2013年スマートウォッチの世界市場規模は1,000万台を予測、2016年は1億台規模に
2013年のスマートウォッチの世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで1,000万台を見込む。2014年以降、他業種からの参入が見込まれ、2016年の出荷台数は1億台を予測する。

1130_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2013年版 スマートフォン連携サービス・機器市場展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧