2013年10月22日

プレスリリース
スマートフォン・コマース市場に関する調査結果 2013
~2013年国内BtoCスマートフォン・コマース市場は1兆円規模を予測~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてスマートフォン端末を利用した国内e-commerce(電子商取引)市場の調査を実施した。

1.調査期間:2013年7月~8月
2.調査対象:国内のスマートフォン向けECサービス(物販系・サービス系・デジタル系)を展開する関連企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング・文献調査・webアンケート調査を併用

<スマートフォン・コマースとは>
本調査におけるスマートフォン・コマースとは、スマートフォンをチャネルとして展開されるe-commerce(電子商取引)を範囲とする。対象は物販系、サービス系、デジタルコンテンツ系、アプリ系などのBtoC向け(消費者向け)市場とする。

調査結果サマリー

◆ 国内BtoCスマートフォン・コマース市場規模は2013年に1兆3,469億円、2015年には2兆円を超える規模に成長すると予測
国内BtoCスマートフォン・コマース市場規模は、2012年で8,450億円、2013年には前年比159.4%の1兆3,469億円に成長すると予測する。国内EC市場、ならびにオフライン小売市場(ECを除く小売市場)においてもスマートフォン経由によるEC(電子商取引)化が進み、今後の国内 BtoCスマートフォン・コマース市場規模は2014年で2兆413億円、2015年で2兆6,677億円と、2兆円を超える規模の成長を予測する。


◆ 国内EC市場、オフライン市場(ECを除く小売市場)におけるスマートフォンによる購買比率が上昇、一方フィーチャーフォン系市場においては消滅する分野も
国内EC市場におけるスマートフォンチャネル比率が上昇している。さらにスマートフォンの普及は、現状のオフライン小売市場におけるEC化も促進しつつある。一方、フィーチャーフォン系市場は、音楽配信分野など従来のフィーチャーフォンの端末特性への依存度が高いサービス分野に関し、スマートフォンその他のプラットフォームへ移行せず縮小している分野もある。


◆ スマートフォン経由EC利用は20代女性が顕著に積極的、特に物品系は有望分野
スマートフォン経由でのEC利用経験の比率が最も高かったのは「女性20代」74.0%、次いで「女性10代」55.0%、「男性30代」「女性30代」ともに50.0%であった。「女性20代」はスマートフォン経由でのEC利用について顕著に利用傾向が示され、特に物品系ECは非常に有望な分野であることが窺える。

1167_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「急成長するスマートフォン・コマースの現状とビジネス展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧