2014年01月21日

プレスリリース
呉服市場に関する調査結果 2013

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内呉服市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2013年10月~12月
2. 調査対象:呉服関連メーカー、呉服関連卸売業、呉服関連小売業
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート、及び文献調査併用

<呉服市場とは>
本調査における呉服市場には、正絹のきもの、紬類のきもの、帯類、リサイクルきものの他、和装小物、ゆかた、合繊素材のきもの等を含む。市場規模は小売金額にて算出し、レンタルきものは含まない。

調査結果サマリー

◆2013年の呉服小売市場規模は前年比101.7%の3,010億円の見込みと回復基調へ
 2012年の呉服小売市場規模は、前年比98.7%の2,960億円と推計した。昨年予測したように、前年を上回るまでには至らなかったが、すべてのチャネルで減少幅が縮小した。2013年は「一般呉服店」「チェーン専門店」といった、呉服販売におけるスタンダードチャネルを含めたほとんどのチャネルで横這いから微増となり、回復基調へ転換した。とくに「直販・インターネット販売」チャネルの伸張が続いており、2013年の呉服小売市場規模は前年比101.7%の3,010億円を見込む。

◆引き続き拡大する「レンタル」需要と「着付け教室」の定着
 近年の呉服業界のトレンドとしては、引き続き「レンタル」と「着付け教室」が挙げられる。ここ数年、振袖を中心にレンタル需要が盛んになりつつある。レンタルに特化した専業企業の台頭は続いており、大手専門店チェーンでもこれに対抗した施策が目立っている。
 また、着付けをきっかけに呉服販売を行なう手法は定着しており、従来の着付け教室専門業者だけでなく、大手専門店チェーンや一般呉服店でも着付け教室を販促に利用する店舗が増えた。また、着物への興味を促すために、和のマナー教室や和文化のお稽古事で集客し、着付け教室へと誘客、販売というスタイルも見られる。こうした流れは、着物に対する敷居を低くし、新規需要や着用機会の拡大に繋がる可能性を持つと考える。

1200_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2013-2014年版 きもの産業年鑑」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧