2014年07月23日

プレスリリース
クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査結果 2014
~普及期を迎えたクラウド基盤サービス~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の調査を実施した。

1.調査期間:2014年1月~6月
2.調査対象:国内クラウド基盤サービスベンダー、クラウドインテグレーター、クラウドブローカー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリングを併用

<クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスとは>
本調査におけるIaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)とは、いずれもパブリッククラウド(ITベンダーのクラウド基盤)を利用し、インターネット経由で提供される仮想化技術、自動化技術等を施したクラウドコンピューティング環境をさす。市場規模は事業者売上高ベースにて算出した。なおSaaS(Software as a Service)は含まない。

調査結果サマリー

◆ 2013年のクラウド基盤サービス市場規模は前年比56.0%増の607億円、導入事例増加により需要拡大
2013年のクラウド基盤サービス市場規模は事業者売上高ベースで前年比56.0%増の607億円と大きく拡大した。ユーザー企業のクラウド基盤利用に関する導入事例の増加からクラウド基盤を自社内業務システム基盤として活用する層が増え、クラウド基盤の活用は前進した。


◆ 2014年も高成長、前年比50.9%増の916億円を予測
2014年のクラウド基盤サービス市場規模は前年比50.9%増の916億円と、引き続き高成長を予測する。クラウド基盤サービス提供事業者とユーザー企業の仲介をしたり、導入や運用を支援したりするクラウドインテグレーターやクラウドブローカーの動きが活発化し、クラウド同士やクラウドとオンプレミス(自社運用)をつなぐハイブリッドクラウド環境を支援するサービスが多数提供され、これまで以上にクラウド基盤を利用しやすい環境が整いつつある。また、クラウド基盤ベンダーによるエコシステム*の形成が進み市場が育っていくことなどから、クラウド基盤の利用は順調に増加すると考える。

*注.エコシステムとはIT業界において競合企業も含めた多様な企業群が相互に協力関係を持ち、市場全体を大きく成長させることを意味する。

1273_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2014 クラウドコンピューティング市場の実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧