2014年07月30日

プレスリリース
クラウドソーシングサービス市場に関する調査結果 2014
~クラウドソーシング事業者の競争は激化するも市場の成長は続く~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のクラウドソーシングサービス市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2014年4月~7月
2. 調査対象:クラウドソーシング事業者
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・E メールによる取材、ならびに文献調査を併用

<クラウドソーシングサービスとは>
クラウドソーシングサービスとは、インターネットを介在として、業務委託側である企業や団体等が、業務受託側である不特定多数の登録ワーカーに業務を委託することができるサービスをさす。
<クラウドソーシングサービス流通金額とは>
本調査では、クラウドソーシング(システム)上において、企業や団体等から依頼された仕事の金額総額(成約に至らなかった仕事の金額も含む)を、クラウドソーシングサービス流通金額規模として算出した。

調査結果サマリー

◆2013年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は、前年度比101.7%増の215億円
 2012年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は前年度比140.5%増と高い伸びを示した。それは、東日本大震災以降、在宅ワークやテレワークへの需要が高まり、クラウドソーシングサービスを試験的に利用する企業が増加したためである。2013年度はクラウドソーシング事業者による積極的なPRの効果もあって、クラウドソーシングサービスの認知度がさらに高まり、クラウドソーシング事業者が顧客と登録ワーカーの双方を集めやすい環境が整った。そのため、事業を順調に拡大できたクラウドソーシング事業者が多く、2013年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は、前年度比101.7%増の215億円(仕事依頼金額ベース)となった。

◆2018年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は、1,820億円に達すると予測
 2014年度にはクラウドソーシングサービスの業界団体である一般社団法人クラウドソーシング協会が設立され、業界全体で認知度向上や利用促進への取り組みが進むため、クラウドソーシングサービス事業を進めやすい環境がさらに整うと見込む。2015年度以降は、クラウドソーシング事業者各社の大手企業向けサービスの開発や協会の認知活動により、大手企業によるクラウドソーシングサービスの利用が進み、市場は引き続き高い伸びを示していくと予測する。一方、参入企業数の増加により、価格競争が厳しくなり、また、顧客や登録ワーカーを増やすことのできないクラウドソーシング事業者が出てくる可能性もある。
 このように、市場には成長阻害要因もあるものの、全体的には拡大基調にある。クラウドソーシングサービス流通金額規模は、小規模ながらも高いペースでの成長が続き、2012年度から2018年度までの年平均成長率(CAGR)は60.5%で推移し、2018年度のクラウドソーシングサービス流通金額規模は、1,820億円(仕事依頼金額ベース)に達すると予測する。

1275_1.gif

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2014 クラウドソーシング市場の実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧