プレスリリース

20141217
ファッション・インテリア・雑貨EC市場に関する調査結果 2014

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のファッション・インテリア・雑貨EC市場の調査を実施した。

1.調査期間:2014年6月~11月
2.調査対象:日本国内(日本語対応)においてインターネット上で公式販売を展開するブランドホルダー企業、ファッションモール運営企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<本調査におけるファッション・インテリア・雑貨EC市場とは>
本調査におけるEC市場とはインターネットを介して行われる消費者向け電子商取引(E-Commerce)である。対象分野は①アパレル・服飾雑貨(レディス、メンズ、子供・ベビー)、②鞄・袋物・革小物、③靴・履物、④宝飾・時計、⑤インテリア・生活雑貨・家具の主要5分野とし、市場規模は小売金額ベースにて算出した。

調査結果サマリー

◆ 2013年度のファッション・インテリア・雑貨のEC市場規模は前年度比125.8%の1兆512億円と大幅に拡大
2013年度のファッション・インテリア・雑貨のEC市場規模(主要5分野の合計)は、小売金額ベースで前年度比125.8%の1兆512億円と大幅に拡大した。


◆ 事業者側によるサービス向上や、消費者の行動変化を背景にオムニチャネル戦略が活発化
事業者側による顧客の視点に立ったサービス向上の取組みの本格化により、消費者にとってECが販売チャネルとして新たに認識されつつある。またスマートフォンにより、以前に比べてファッション商品や情報に対する接触時間が大幅に拡大していることから、多くの事業者においてはあらゆるチャネルを連携させて顧客との接点をもつ、オムニチャネル戦略が活発化しはじめている。


◆ 2014年度の市場規模は前年度比120.0%の1兆2,614億円と堅調な成長を予測
2014年度のファッション・インテリア・雑貨のEC市場規模は前年度比120.0%の1兆2,614億円を予測する。成長率はやや鈍化するものの、自社におけるオムニチャネル化のさらなる加速と、ECを絡めた新たな「売り方」の創出、また外部モール(主にファッションモール型、総合モール型、アウトレット型)における技術革新の進展や更なる顧客サービス向上等により、市場規模は堅調に拡大するものと予測する。

1339_1.gif

この調査結果掲載の資料

無断転載禁止