2015年08月31日

プレスリリース
レンタカー&カーシェアリング市場に関する調査結果 2015
~拡大を続けるレンタカー&カーシェアリング市場~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のレンタカー&カーシェアリング市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年5月~7月
2.調査対象:レンタカー事業者、カーシェアリング事業者、レンタカー利用者、カーシェアリング利用者等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、レンタカー・カーシェアリング利用者に対するインターネット調査ならびに文献調査併用

調査結果サマリー

◆ 2014年のレンタカー市場規模は消費増税の影響もなく、前年比4.1%増の6,350億円
2014年のレンタカー市場規模はユーザー支払金額ベースで、前年比4.1%増の6,350億円であった。
個人向け需要は消費増税の影響もなく、好調であったほか、訪日外国人の利用が80億円規模まで拡大、一方、法人向けは建設用車両を中心に安定した需要が維持されたほか、一部の法人における社有車の減車に伴うレンタカー利用の増加等が貢献した。


◆ 2020年のレンタカー市場規模は6,700億円を予測、個人向け需要を中心に拡大傾向
2020年のレンタカー市場規模はユーザー支払金額ベースで、6,700億円を予測する。今後、大都市圏への人口集中が予測されるほか、2020年に向けては東京オリンピック開催なども控え、訪日外国人客数の増加に伴ってレンタカー利用が増加することなどから、個人向け需要を中心に拡大が見込まれる。


◆ 2014年のカーシェアリング市場規模はステーション数、及び車両数の拡充と法人利用の増加で前年比45.3%増の154億円
2014年のカーシェアリング市場規模はユーザー支払金額ベースで、前年比45.3%増の154億円であった。ステーション数、及び車両数が増加したことで、サービス基盤の拡充が進み、また一部の法人において、社有車の減車に伴うカーシェアリング利用、タクシーの代替手段としてのカーシェアリング利用等を開始したことが奏功した。


◆ 2020年のカーシェアリング市場規模はステーション数と会員数の増加により、295億円を予測
2020年のカーシェアリング市場規模はユーザー支払金額ベースで、295億円を予測する。時間貸駐車場へのステーション新規開設には課題を残すものの、都市部の小売店舗に設置された駐車場を中心にステーション数の増加が見られることから、周辺の会員数も増加するほか、カーシェアリングの利便性や利用方法が更に会員に浸透することで稼働率が増加していくことが期待される。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2015年版 レンタカー&カーシェアリング市場の現状と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧