2016年02月25日

プレスリリース
ECサイト構築市場/ECサイト運営代行市場に関する調査結果 2015
~EC市場の拡大を受け、リニューアル需要および新規サイト構築需要ともに好調~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のECサイト構築市場およびECサイト運営代行市場の調査を実施した。

1.調査期間:2015年10月~2016年1月
2.調査対象:ECサイト構築及び運営代行サービス/ソリューション提供事業者、その他関連企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<ECサイト構築市場とは>
 本調査におけるECサイト構築市場では、パッケージやSaaS、ASP カート、その他オープンソースやフルスクラッチでのECサイト構築ソリューションを対象とした。
<ECサイト運営代行市場とは>
本調査におけるECサイト運営代行市場とは、ネットショップ(ECサイト)の運営全般(注文管理、顧客管理、物流代行、在庫管理、販売代行等)を代行するためのソリューションを対象とした。

調査結果サマリー

◆2015年度のECサイト構築市場規模は226億円の見込
 2015年度の国内におけるECサイト構築市場規模(事業者売上高ベース)は22,630百万円(前年度比106.5%)を見込む。スマートフォンの普及などを追い風にEC市場が拡大基調にある中、オムニチャネル対応などを契機とするEC事業者の旺盛なIT投資意欲に支えられて、着実に成長を続けている。今後の市場は、ASPカートのシェア拡大による低価格化が進むことにより、金額ベースの伸びは微増トレンドとなるものの、2020 年度のECサイト構築市場は28,530百万円(2015年度比126.1%)に達すると予測する。

◆2020年度のECサイト運営代行市場規模を26億円と予測
 2015年度の国内におけるECサイト運営代行市場規模(事業者売上高ベース)は1,550百万円(前年度比129.2%)の見込みである。国内EC市場の拡大に加え、海外でのEC販売への対応強化を模索するEC事業者においては、今後も運営支援およびアウトソーシング需要は高まるものと見られ、それらに対してECサイト運営代行事業者側の体制整備が進むことで、着実に市場は拡大すると考える。2020年度のECサイト運営代行市場は2,590百万円(2015年度比167.1%)になると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016 ECサイト構築/運営代行市場の実態と展望-オムニチャネル時代に向けた構築・運用トレンドと事業者戦略-」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧