2016年08月03日

プレスリリース
ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、以下の調査要綱にてドローン(UAV/UAS)の世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年1月~6月
2.調査対象:ドローンメーカー、ドローンサービスユーザー企業、アプリケーション企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査ならびに文献調査を併用

<ドローンとは>
ドローンは、無人航空機の俗称で、UAV(Unmanned Aerial Vehicle)、UAS(Unmanned Aircraft System)、RPAS(Remotely Piloted Aircraft Systems)とも呼ばれる。モーションセンサーを活用した姿勢制御技術の発展や衛星測位システムとの連携によって飛行経路を巡航する機能など、操縦技術への依存度が軽減されたことによって、様々な産業分野における商用利用が見込まれている。
本調査におけるドローンとは、ある程度の自律制御が伴う無線操縦飛行機やマルチコプターと定義し、コントロールの全てを操縦者に頼るいわゆるラジコンは除外している。

調査結果サマリー

◆ 2015年のドローン世界市場規模は1兆2,410億円、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は12.9%を予測
世界の軍事用と民間用(産業用、ホビー用、サービス)のすべてを合わせた世界市場規模は、2015年で1兆2,410億円であった。2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)は12.9%で推移し、2020年には2兆2,814億円を予測する。世界市場全体では、現状で軍事用が過半を超えているが、2020年までには軍事用と民間用はほぼ半々になるものと予測する。


◆ 点検・検査分野が民間ドローンサービスの応用分野として今後の成長の可能性
2015年の民間ドローンサービスの世界市場規模は290億円で、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は50.4%で推移し、2020年には2,233憶円に達すると予測する。なかでも成長率の高いのは点検・検査分野、測量分野である。現行のカメラ搭載機体での画像(映像)撮影による方式だけでもその応用分野は幅広いが、今後、ドローン自体と周辺技術の進展によって応用範囲は更に広がる可能性が高いものと考える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「ドローン(UAV/UAS)の世界市場と将来予測」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧