2016年10月07日

プレスリリース
買取再販型中古マンションに関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、国内における買取再販型中古マンションの市場トレンド調査を実施した。

1.調査期間:2016年1月~3月(2015年度第4四半期)、2016年4月~6月(2016年度第1四半期)
2.調査方法:当社専門研究員による市場トレンド調査・分析

<買取再販型中古マンションとは>
本調査における「買取再販型中古マンション」とは、中古マンションを住戸単位で不動産会社等が一旦購入し、リフォームをした後に販売をするビジネスモデルと定義した。なお株式会社TSONのデータ提供を受け、当社にて市場トレンド分析を実施している。
 

調査結果サマリー

◆ 買取再販型中古マンションの推定成約件数は2015年度第4四半期1,979件、2016年度第1四半期は1,814件、年間で約8,000件程度と推計
2015年度第4四半期(2016年1~3月)の買取再販型中古マンションの推定成約件数(戸数)は、1,979件、推定販売額の総額で約588億円となった。2016年度第1四半期(4~6月)では、1,814件、推定販売額の総額で約573億円となった。2016年1月から半期(6ヶ月間)のデータを元に、年間の買取再販型中古マンションの市場規模を推計すると、年間件数ベースで約8,000件、年間販売総額で約2,000億円となる。


◆ 買取再販型中古マンションの推定成約価格は2015年度第4四半期は約2,970万円/戸、2016年度第1四半期は約3,160万円/戸と推計
買取再販型中古マンションの平均推定成約価格でみると、2015年度第4四半期(2016年1~3月)は約2,970万円/戸、2016年度第1四半期(4~6月)は約3,160万円/戸となった。


◆ 買取再販型中古マンション事業者が実施する住宅リフォーム市場規模は年間約500億円と推計
本調査では買取再販型中古マンションの市場規模を算出することで、おおまかに事業者間(B to B)で取引されている住宅リフォーム市場規模を推計している。なお現時点では中古マンションのみであるが、買取再販を手掛けている事業者が実施する住宅リフォームの市場規模を、最大で年間約500億円と推計した。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「ヤノ・レポート 2016年10月10日号」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧