2016年11月07日

プレスリリース
CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年5月~10月
2.調査対象:機械系CAD/CAM/CAEシステムメーカー、EDA(Electronic Design Automation)システムメーカー、土木・建築系CADシステムメーカー
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談及び電話・メールによるヒアリング

調査結果サマリー

◆2016年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模は前年度比4.4%増の3,449億円の見込
 2015年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比2.4%増の3,305億円となった。2016年度は円高傾向が続いており、輸出型産業を中心に業績悪化が懸念される一方で、公共投資、経済財政政策の効果などが下支えとなり、設備投資は一定規模を維持するものと考え、2016年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(同ベース)は、3,449億円(前年度比4.4%増)となる見込みである。

◆ 分野別では機械系CAD/CAM/CAEと土木・建築系CADがけん引
 分野別に内訳をみると、機械系CAD/CAM/CAEの市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2015年度は2,221億円(前年度比5.2%増)、2016年度は2,329億円(同4.8%増)となる見込みである。
 EDAの市場規模(同ベース)は、2015年度は701億円(同4.8%減)であった。日本国内の電子工業生産がピーク時の約半分という水準であり、大きく落ち込んでいるのが原因である。EDAシステムメーカーは、自動車など半導体以外の業界への拡販をすすめており、2016 年度は727億円(同3.7%増)と回復する見込みである。
 土木・建築系CADの市場規模(同ベース)は、2015年度は383億円(同0.8%増)であった。2016年度は、394億円(同2.8%増)となる見込みである。東日本大震災から続く復興需要は現在も高い水準で推移しており、堅調な市況となっている。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 CAD/CAM/CAEシステム市場の中期展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧