2016年11月28日

プレスリリース
健康・機能性食品素材市場に関する調査を実施(2016年)
~機能性表示食品制度による市場活性化に期待~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康・機能性食品素材市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年7月~9月
2.調査対象:食品配合原料供給メーカー(バルク供給企業)、健康食品受託製造企業、健康食品メーカー、関連団体・省庁等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<健康・機能性食品素材市場とは>
 本調査における健康・機能性食品素材は、当該食品に主成分として使用されている32素材を対象とする(32素材の詳細は図1の注記参照)。

調査結果サマリー

◆2015年度の健康・機能性食品素材市場の市場規模は1,009億1,500万円
 2015年度の健康・機能性食品素材市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比102.2%の1,009億1,500万円となり、DHA・EPA、ローヤルゼリー、コラーゲン、BCAA、ブルーベリー(ビルベリー)などの市場規模上位の素材がおおむね堅調に推移したことで、32素材合計の市場規模も拡大した。高齢化社会の進行によるシニア層の拡大といった市場環境に大きな変化はないものの、訪日外国人客によるインバウンド需要の高まりと、2015年度に開始された機能性表示食品制度が、各機能性素材の市場に好影響を与えていると考える。

◆機能性表示食品制度の浸透により、同制度への対応を重視するメーカーが増加
 2015年4月に開始された機能性表示食品制度は届出件数が400件を越え、徐々に市場が形成されつつある。ヒアルロン酸など、同制度を利用することにより停滞気味であった市場が活性化された事例もあり、今後は健康食品メーカーにおいても、機能性食品素材の採用に当たり同制度への対応可否が重要視されていくと考える。

◆ロコモティブシンドローム対策、スポーツニュートリション用途でアミノ酸が好調
  ロコモティブシンドローム対策素材、スポーツニュートリション素材としては、引き続きアミノ酸を中心に堅調に推移している。今後も、シニア層の増加や、ロコモティブシンドローム対策・サルコペニア予防への意識が高まる事で、需要は拡大し、市場は拡大基調で推移していく見通しである。他にも近年、消費者の間で‘腸内フローラ’の重要性が広く認識されるようになっており、‘整腸素材’が注目されている。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 健康・機能性食品素材市場の実態と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧