2016年11月29日

プレスリリース
リハビリテーション病院における脳卒中リハビリ実態アンケート調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて脳卒中リハビリテーションに関する病院アンケート調査を実施した。

1.調査期間:2016年5月~6月
2.調査対象:国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(集計対象85件)
3.調査方法:郵送(留置)アンケート方式

<本アンケート調査について>
 本アンケート調査では、国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院を対象として、脳卒中(脳血管障害)患者に対するリハビリテーションの実施状況(体制、スタッフ数、患者数、患者の評価方法、急性期リハビリ実施の有無、リハビリ期間、リハビリ利用機器・装具、車いす処方状況、リハビリ終了後の行先、課題・問題点など)についての調査を実施した。
 分析に際しては、脳卒中リハビリ患者の全リハビリ患者数に占める比率、脳卒中リハビリ患者の年齢構成、脳卒中リハビリにおける課題・問題点等についてまとめた。

調査結果サマリー

◆脳卒中リハビリテーション患者の比率が、過半数を越える施設は約3割
 国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(85件)に、リハビリテーション患者数に占める脳卒中リハビリ患者の比率を尋ねたところ、「75%以上」という回答が8.3%、「50~75%未満」が20.0%と、脳卒中リハビリ患者の比率が過半数を越える施設が約3割という結果になった。

◆85歳以上の脳卒中リハビリ患者が、50%以上を占める病院は14施設
 国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(79件)に、脳卒中リハビリ患者の年齢構成について尋ねたところ、「85歳以上」の患者が75%以上を占める施設が7施設、50~75%未満が7施設であった。また、「75~84歳以下」の患者が75%以上を占める施設が4施設、50~75%未満が14施設となり、約2割の施設で75歳から84歳以下の高齢者が過半数を越えた。

◆脳卒中患者のリハビリにおいての課題・問題点は、「今後の点数減少」が40.2%、「退院後の患者情報の把握」が35.4%、「人手が不足している」は30.5%
 国内のリハビリテーション科を診療科に持つ病院(82件)に、脳卒中患者のリハビリの課題・問題点を尋ねたところ、「今後のリハビリ関連点数の減少」が40.2%と最も高く、「退院後の患者情報の把握(35.4%)」、「リハビリをする人の不足(30.5%)」、「現在のリハビリ関連の点数が低い(29.3%)」が続いた。現在のリハビリテーションの実施内容は人的サービスであり、今後、人手の確保とともに、さらに効率的な運営が求められていくと考える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 脳卒中リハビリに関する調査」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧