2016年12月05日

プレスリリース
3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施(2016年)
~産業用ハイエンド3Dプリンタ好調 最終製品の造形が進む~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の3Dプリンタ市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年9月~11月
2.調査対象:3Dプリンタメーカー、販売代理店、造形サービス事業者(サービスビューロー等)、ソフトウェア関連企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<3Dプリンタとは>
 本調査における3Dプリンタとは、3次元データをもとに樹脂や金属などの積層によって、立体物を造形する装置を指し、主な製品タイプとしては造形方式や使用する材料の違いにより、熱溶解積層方式、光造形方式、粉末焼結方式、インクジェット方式などがある。

調査結果サマリー

◆2015年の世界の3Dプリンタ出荷台数は前年比72.7%増の19万台
 2015年の世界の3Dプリンタの出荷台数(メーカー出荷数量ベース)は前年比72.7%増の19万台となった。市場は60万円未満のローエンド3Dプリンタと60万円以上の産業用ハイエンド3Dプリンタの二極化が進んでいる。出荷台数を牽引するのはローエンド装置で、簡易かつ迅速に試作を行うための導入が進む他に、教育機関での導入が増加基調にある。

◆世界の3Dプリンタ出荷台数は2019年に215万台へ拡大と予測
 3Dプリンタの性能は近年、かつてないスピードで進化している。装置の性能向上、新しい材料の誕生、製造現場などへの更なる普及により、市場は今後も大きく拡大する見通しである。これらを背景に、世界の3Dプリンタ出荷台数は、2013年から2019年までのCAGRは77.0%で推移し、2019年における出荷台数(メーカー出荷数量ベース)は215万台になると予測する。

◆日本国内で3Dプリンタを使用して造形しているもの/用途は、「治具」が24.7%、「最終製品(の一部)(パーツなど)」が20.1%、「金型」が16.9%
 本調査に関連したアンケート調査で、日本国内の3Dプリンタユーザー154人に対して、3Dプリンタで造形しているもの/用途を尋ねた。回答は、「試作品」がトップで59.1%であった。続いて、「治具」が24.7%、「最終製品(の一部)(パーツなど)」が20.1%、「金型」が16.9%となっており、アンケート調査の結果からは、国内においても3Dプリンタを用いた本格的なものづくりが始まりつつあると言える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版3Dプリンタ市場の現状と展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧