2017年01月10日

プレスリリース
エステティックサロン市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内エステティックサロン市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年10月~12月
2.調査対象:エステティックサロン、エステティックサロン関連商材取扱企業
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用

<エステティックサロンとは>
 本調査におけるエステティックサロンとは、エステティシャンが手技、化粧品、機器を使用して施術するサロンを指す。エステティックサロン市場には、美顔市場、痩身・ボディ市場、脱毛市場、メンズエステ市場、物販・その他市場が含まれる。なお、セルフエステ、訪問エステ、理美容エステ、メディカルエステなどは対象外としている。

調査結果サマリー

◆2016年度のエステティックサロン市場規模は、前年度比100.3%の3,572億円の見込
 2016年度のエステティックサロン市場規模(事業者売上高ベース)は3,572億円で、前年度比100.3%の見込みである。美顔、痩身・ボディの各市場については、固定客に下支えされ横這い基調で推移する見通しである。メンズエステ、物販・その他の各市場は、市販化粧品や美容家電との競合が影響して減少推移を見込む。脱毛市場では、引き続き脱毛特化型サロンが軒並み業績を拡大しており、エステティックサロン市場を牽引するカテゴリーとして注目される。

◆持続的な業界発展のため、業界の地位・労働環境の向上、消費者の信頼・安全獲得を第一に、生産性向上に寄与する適正な事業モデルの運営が求められる
 今後のエステティックサロン市場は、国内の対象顧客数の頭打ちを背景に、横這いから微増傾向で推移するものと予測する。業界に対する一般消費者の興味・関心や認知度の向上、また、一部に根強く残るマイナスイメージの払拭のため、所轄官庁を含めた業界標準の統一基準や商慣行の整備、安全・信頼性を高める消費者保護体制の強化が業界における今後の課題となる。また、エステティックサロン運営企業においては、従事するエステティシャンの職場環境や待遇等の改善の取組みと離職率の改善、人材難をカバーする生産性向上に寄与するメニューの開発や店販事業強化等の取組みが求められる。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年版 エステティックサロンマーケティング総鑑」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧