2017年01月23日

プレスリリース
eコクピット世界市場に関する調査を実施(2016年)
~2022 年800万台超の e コクピット世界市場を予測~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載HMI/eコクピットの世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年1月~9月
2.調査対象:国内・海外の主要自動車メーカー、一次部品メーカー(Tier1)等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<eコクピット/車載HMI(Human Machine Interface)とは>
本調査におけるeコクピットとは車載カメラとの連携、危険警告、ヘッドアップディスプレイ(HUD)による緊急表示などを行う車載HMI(Human Machine Interface)システムを対象とする。将来的にはカーナビゲーションのような情報や音楽・映像配信などのインフォテインメント(情報・娯楽)機能のみならず、クルマそのものの基本機能(走る+曲がる+止まる)に加え、先進運動支援システム(ADAS; Advanced Driving Assistant System)と連携した表示システムとなる。

調査結果サマリー

◆ 車載HMIシステムに情報の統合制御(表示選出)機能追加
車載HMI(Human Machine Interface)システムに情報の統合制御(表示選出)が加わった。この背景には現在普及の進んでいる先進運転支援システム(ADAS; Advanced Driving Assistant System)搭載車が増加するなか、車両情報や外部環境情報など、運転者に対する情報量が大容量になることなどから、運転者に負担をかけることなく、表示内容に序列をつけ、必要なものから伝えられるように表示選出機能が求められることがある。


◆ eコクピット世界市場規模は2022年には833万6,000台に達すると予測
2016年のeコクピット世界市場規模はメーカー出荷数量ベースで、62万5,000台の見込みである。2016年から2022年までのeコクピット世界市場の年平均成長率(CAGR)は54.0%とみており、2022年には833万6,000台まで拡大するものと予測する。今後、eコクピットは自動運転システム搭載車の普及に伴い、増加していくものと考える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年度版 車載HMI/ドライバモニタリングの将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧