2017年01月31日

プレスリリース
3Dプリンタ材料の世界市場に関する調査を実施(2016年)
~3Dプリンタ材料の世界市場規模は2020年に2,000億円へ拡大と予測~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて3Dプリンタ材料の世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年9月~12月
2.調査対象:3Dプリンタ材料メーカー等
3.調査方法:当社専門調査員による直接面談取材をベースに、文献調査を併用

<3Dプリンタ材料とは>
 本調査における3Dプリンタ材料とは、①材料押出(Material extrusion:ME)法、②粉末床溶融結合(Powder bedfusion:PBF)法、③液槽光重合(Vat photopolymerization:VP)法、④材料噴射(Material jetting:MJ)法の4 方式で使用される樹脂(熱可塑性エラストマー含む)および金属を指す。

調査結果サマリー

◆2016年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は約1,070億円、前年比116.1%と大きく伸長見込
 2016年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、エンドユーザー購入金額ベースで前年比116.1%の1,069億83百万円と大きく伸長する見込みである。米国をはじめ欧州、中国などでコンシューマー分野(個人・家庭、クリエーター、教育機関など)、産業分野ともに3Dプリンタの導入が進んだことで、3Dプリンタ材料の世界市場は2ケタの成長率を見込む。

◆粉末床溶融結合法向け材料(樹脂+金属)が348 億50 百万円と全体の32.6%を占める見込
 2016年の3Dプリンタ材料の世界市場(エンドユーザー購入金額ベース)を方式別にみると、材料押出法向け材料市場規模は219億66百万円(構成比20.5%)、粉末床溶融結合法向け(樹脂粉末)が233億円(同21.8%)、粉末床溶融結合法向け(金属粉末)が115億50百万円(同10.8%)、材料噴射法向けは295億円(同27.6%)、液槽光重合法向けが206億67百万円(同19.3%)を見込む。

◆ 市場予測:2015年から2020年までのCAGRは17.6%、2020年に2,000億円超を予測
 3Dプリンタ世界市場は、今後も大きく伸長する見通しである。その結果として、3Dプリンタ材料の世界市場も高い成長率が続き、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は17.6%となり、2020年の3Dプリンタ材料の世界市場規模(エンドユーザー購入金額ベース)は2,070億53百万円に達すると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2016年版 3Dプリンタ材料市場の現状と将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧