2017年02月03日

プレスリリース
国内靴・履物小売市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の靴・履物小売市場の調査を実施した。

1. 調査期間:2016年9月~12月
2. 調査対象:靴・履物、及び、靴資材など靴業界に携わるメーカーや卸売業、小売業、ならびに周辺関連業者、輸出入業者等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート、及び官公庁及び業界団体等の各種統計データによる文献調査を併用

<靴・履物とは>
本調査における靴・履物とは、貿易統計及び工業統計における「革靴」「ゴム靴」「ケミカルシューズ」「サンダル」など、靴・履物に分類される分野の製品を対象とする。

調査結果サマリー

◆ 2015年度の国内靴・履物小売市場規模は前年度比100.8%の1兆4,150億円のプラス成長
2015年度の国内靴・履物小売市場規模は、前年度比100.8%の1兆4,150億円であった。紳士靴、婦人靴は前年度を下回る結果となったが、スポーツシューズや子供靴が好調で、なかでも市場全体の約4割強を占めるスポーツシューズ市場は昨今のスニーカーブームを受け、4期連続のプラス成長となり、全体の牽引役となった。


◆ 2016年度の国内靴・履物小売市場規模は前年度比98.2%の1兆3,900億円を予測、アイテム別ではスポーツシューズが前年度比103.7%と拡大基調
2016年度の国内靴・履物小売市場規模は前年度比98.2%の1兆3,900億円を予測する。インバウンド(訪日外国人客)需要が減退し、紳士靴、婦人靴も縮小傾向にあることから、マイナス成長に転じるものと予測する。一方でスポーツシューズの成長率も鈍化するものの、カジュアルスニーカー需要に支えられ、スポーツシューズ小売市場規模は前年度比103.7%の6,430億円と拡大基調を予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「靴・履物産業年鑑 2017」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧