2017年02月15日

プレスリリース
ライセンスブランド国内市場に関する調査を実施(2016年)
~2015年は「バーバリー」終了の影響も大きく、市場規模は縮小の一途~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にてライセンスブランド国内市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年9月~12月
2.調査対象:ブランドマスターライセンシー企業及びブランドライセンシー企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<ライセンスブランド市場とは>
本調査におけるライセンスブランド市場とは、海外あるいは国内のブランドとのライセンス(商標使用)契約によって製造販売が行われているファッションブランドの小売市場規模をさす(対象アイテムは表1参照)。但し、アニメ等のキャラクターブランドを除く。
また、マスターライセンシー企業とは海外ブランドの日本市場における窓口企業をさし、ライセンシー企業とはマスターライセンシー企業との契約で、実際に商品の製造販売を行っている企業をさす。

調査結果サマリー

◆ 2015年のライセンスブランド国内小売市場規模は前年比95.7%の1兆2,294億円、2016年は前年比96.0%の1兆1,800億円と縮小基調を予測
国内におけるライセンスビジネスを取り巻く環境は厳しく、2015年は主販路である百貨店、GMSの販売不振が大きく響き、ライセンスブランド国内小売市場規模は縮小した。2016年に関しては、ライセンスビジネスにとって明るい兆候が見られず、市況は更に厳しさを増していることから、ライセンスブランド国内小売市場規模は前年比96.0%の1兆1,800億円を予測する。


◆ 2015年度の好調(堅調)ブランド数は拡大するも、不調(低調)ブランド・終了ブランドの売上減少額が勝る結果
個別ライセンスブランドの動向を見ていくと、2015年度は前年度以上の業績であったライセンスブランド数が、前年度割れの業績のブランド数を上回っていたにも関わらず、ライセンスブランド国内小売市場規模は縮小であった。不調(低調)ブランド(業績が前年度割れのブランド)のマイナス額のほうが好調(堅調)ブランドのプラス額を上回っていたことに加え、「バーバリー」を筆頭としたライセンス事業終了ブランドによるマイナスの影響が大きかったものとみる。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「ライセンスブランド全調査 2016」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧