2017年02月24日

プレスリリース
フォースフィードバックデバイス世界市場に関する調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてフォースフィードバックデバイス世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年10月~2017年1月
2.調査対象:フォースフィードバック用アクチュエータメーカー、駆動IC メーカー、ソフトウェアメーカー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用


<フォースフィードバックとは>
 スマートフォンやゲーム機のコントローラ等の入力装置についている機能の一種で、入力に反応して筐体ないし画面などを振動させ、利用者に擬似的な感覚を与える機能を指す。触覚フィードバック(ハプティクス)とも呼ばれる。
<フォースフィードバックデバイス市場とは>
 本調査におけるフォースフィードバックデバイスとは、ERM(Eccentric Rotation Mass:偏心モータ)やLRA(Linear Resonant Actuator:リニア共振アクチュエータ)、圧電アクチュエータ(Piezo素子)等のフォースフィードバック機能を具現化するための主要デバイスであるアクチュエータを指し、市場規模はスマートフォンメーカー等の購入金額ベースで算出した。但し、呼び出しブザー等に使われる振動(バイブ)機能しか持たないアクチュエータ等は含まない。

調査結果サマリー

◆2017年のフォースフィードバックデバイス世界市場は、前年比139.7%の1,519億2,200万円と予測
 フォースフィードバックデバイス世界市場は、スマートフォンに加えスマートバンドやスマートウォッチ、HMD(Head Mounted Display)、指輪型、ウェア型などのウェアラブルデバイスの市場が徐々に立ち上がり、同用途向けのフォースフィードバック用アクチュエータの採用が拡大する見通しである。2017年のフォースフィードバックデバイス世界市場規模を、前年比139.7%の1,519億2,200万円と予測する。

◆フォースフィードバックデバイス世界市場に占めるLRA比率は2017年に74.9%まで上昇と予測
 フォースフィードバックデバイスにはERM、LRA、圧電アクチュエータ等がある。これまで、フォースフィードバックデバイスは駆動回路がシンプルで小型かつ低価格なERMが主体となってきたが、高振動・高品位によるフォースフィードバック機能を求めるニーズが増えており、単価の高いLRAの採用がますます拡大している。今後、スマートフォンを中心にERMからLRAへの置き換えが更に進むことにより、2017年のフォースフィードバックデバイス世界市場規模に占めるLRA比率は74.9%へ上昇すると予測する。

◆2016年から2020年までのCAGRは17.4%になり、2020年のフォースフィードバックデバイス世界市場は2,000億円を超えると予測
 今後のフォースフィードバックデバイス世界市場は、単価の高いLRAの採用拡大とともに、圧電アクチュエータの車載用途での採用開始等により、成長が続く見通しである。2016年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は17.4%になり、2020年のフォースフィードバックデバイス世界市場規模は2,064億6,700万円に達すると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年版 フォースフィードバックデバイス市場の現状と将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧