2017年03月07日

プレスリリース
ミネラルウォーター市場に関する調査を実施(2016年)
~拡大を続けるミネラルウォーターと宅配水、課題解決が成長持続の鍵~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のミネラルウォーター市場及び宅配水市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年12月~2017年2月
2.調査対象:飲料メーカー、宅配水製造企業等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびにアンケート調査併用

<ミネラルウォーター市場、宅配水市場とは>
本調査におけるミネラルウォーターとは主に地下水などを源泉とし、ペットボトルやビンなどの容器で市販用・業務用に販売されるものをさす。また、宅配水とはサーバーとセットで供給されるミネラルウォーターで、家庭や事業所などに宅配されるものをさす。なお、サーバーを利用しないタイプやペットボトルの宅配などを除く。

調査結果サマリー

◆ 2015年度のミネラルウォーター市場規模は前年度比108.1%の2,885億円と高成長、2016年度も同104.2%の3,005億円と好調を維持する見込み
2015年度のミネラルウォーター市場規模(メーカー出荷金額ベース)は前年度比108.1%の2,885億円、2016年度は同104.2%の3,005億円の見込みである。生活水として日々の生活に入り込み消費者に根付いたことや、ミネラルウォーターのナチュラルで健康的なイメージが消費者に支持されていることで市場は拡大基調である。やや薄まりつつあった備蓄意識においても、2016年4月の熊本地震の発生を契機に再び高まってきている。また、フレーバーウォーター、スパークリングウォーターといった派生商品が上位メーカーを中心にヒットしていることも市場を下支えしている。


◆ 2015年度の宅配水市場規模は前年度比105.9%の1,150億円と拡大が続く、2016年度も同104.8%の1,205億円と引き続きの成長を見込む
2015年度の宅配水市場規模(エンドユーザー販売金額ベース)は前年度比105.9%の1,150億円で、2016年度は同104.8%の1,205億円の見込みと、拡大を維持している。
一方で、全体としては伸長率が落ち着きを見せ、成長期から成熟期に移りつつある。震災以降、増加した新規参入企業は現在落ち着く一方で、事業譲渡や撤退する動きも見られるようになっている。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「ミネラルウォーター市場の現状と将来展望 2017年版」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧