2017年04月04日

プレスリリース
世界ゴルフ用品小売市場に関する調査を実施(2016年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所とゴルフ・データテック社は、次の調査要綱にて世界ゴルフ用品小売市場の調査を実施した。

1.調査期間:2016年8月~2017年1月
2.調査対象:世界のゴルフ関連企業
3.調査方法:
(米国、イギリス、ドイツ、スウェーデン市場)欧米ゴルフ産業の有力調査機関であるGolf Datatech,LLC(ゴルフ・データテック社、本社:米国フロリダ州)のゴルフ用品小売市場実売動向調査データをベースに、市場規模を推計した。
(その他北南米、その他欧州、アフリカ、オセアニア市場)ゴルフ・データテック社が担当し、有力ゴルフ関連企業へのインタビューベースで市場規模を推計した。
(日本市場)弊社刊「2016年版ゴルフ産業白書」のゴルフ用品国内出荷市場規模データをベースに、小売市場規模に換算した。
(その他アジア市場)矢野経済研究所が担当し、主要ゴルフ用品メーカーへの国別出荷量調査及び現地有力ゴルフ関連企業への面接取材をベースに、市場規模を推計した。

<ゴルフ用品小売市場とは>
 本調査におけるゴルフ用品とは、ゴルフクラブ(ウッド、ハイブリッド、アイアン、パター)やゴルフ用品(シューズ、キャディバック、グローブ)、ゴルフボール(ラウンドボール)を対象とし、小売金額ベースで算出した。但し、ゴルフウエアは含まない。

調査結果サマリー

◆ 2016年の世界ゴルフ用品小売市場規模は8,748億3,900万円の見込
 矢野経済研究所とゴルフ・データテック社(本社:米国フロリダ州)は、2014年に続く第2回の世界ゴルフ用品小売市場の調査を実施した。2016年の世界ゴルフ用品小売市場規模は、8,748億3,900万円の見込みである。

◆ 2016年の主要10カ国のゴルフ用品需要量は、全8カテゴリーとも減少基調の見込
 今回初めて、世界主要10カ国(米国、日本、韓国、イギリス、カナダ、オーストラリア/ニュージーランド、フランス、ドイツ、スウェーデン、中国)のゴルフ用品小売市場規模を数量ベースの需要量としても算出したが、2016年は全8カテゴリー(ゴルフクラブ4品目、ゴルフ用品3品目、ゴルフボール)ともに前年実績を大きく下回っており、世界的な需要量は減少基調の見込みである。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017 世界ゴルフ市場レポート」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧