2017年04月14日

プレスリリース
デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)
~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。

1.調査期間:2016年7月~2017年3月
2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事業者
3.調査方法:郵送アンケート調査、および当社専門研究員による直接面談他

<本アンケート調査について>
 本アンケート調査では、日本国内の民間企業等を対象として、デジタルイノベーションに対する意識、革新的技術・ビジネスモデルの採用に関する企業風土を調査した。

調査結果サマリー

◆革新的な技術やビジネスモデルの採用などについて、自社の企業風土への自己評価は平均値3.17となり、消極的であることが明らかに
 国内の民間企業等への法人アンケート調査結果(n=542)によると、自社の革新的な技術やビジネスモデルの採用について、どのような企業風土と思うか、7段階で自己評価をしてもらったところ、4(普通)という回答が128件(構成比23.6%)と最多を占めたものの、平均値は3.17にとどまった。これは普通を示す「4」を下回るもので、日本の平均的な企業はデジタルイノベーションに消極的であることが明らかになった。

◆創業年が若い企業ほどデジタルイノベーションには積極的
 法人アンケート調査結果(n=542)から、自社の企業風土の1(消極的)から7(積極的)の段階毎に、回答した企業の創業年の平均値を求めると、7(積極的)と回答した企業群が1967.5年と創業年が最も新しい(若い)という結果となった。傾向では、「2」が1947.5年と最も創業年が古く、7(積極的)へいくほど創業年が現在に近くなっており、概ね、企業風土が積極的な企業は若い(創業年が新しい)企業とみることができる。

◆産業用IoTプラットフォームは概ね4つのタイプに分類できる
 本調査に関連して実施したIoTプラットフォーム提供事業者への調査結果によると、昨今のデジタルイノベーションの動きのなかで、産業用IoTプラットフォームといったソリューションの提供が行われるようになってきており、それらを分類すると概ね4つのタイプ、水平・業種フルカバレッジ型、垂直・機能フルカバレッジ型、垂直・アプリ提供型、垂直・基本機能提供型に分類できることが分かった。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「デジタルイノベーション動向研究-産業用IoTプラットフォームの考察とイノベーション意識調査」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧