2017年07月25日

プレスリリース
化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における化粧品受託製造市場の調査を実施した。

1.調査期間:2017年4月~6月
2.調査対象:化粧品受託製造企業、化粧品ブランドメーカー等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話等による間接調査、ならびに文献調査併用

<化粧品受託製造市場とは>
 本調査における化粧品受託製造市場とは、化粧品ブランドメーカーや異業種企業、小売事業者等から委託され、スキンケアやメイクアップ、ヘアケア、その他化粧品を製造する市場を指し、化粧品受託製造企業の事業者売上高ベースで市場規模を算出した。

調査結果サマリー

◆2016年度の化粧品受託製造市場は、前年度比109.5%の2,631億円と大きく伸長
 2016年度の国内化粧品受託製造の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比109.5%の2,631億円となった。2005年の改正薬事法施行以降、既存の化粧品ブランドメーカーのほか、新規参入企業からの製造のアウトソーシングが進んでおり、加えてここ数年来の訪日外国人客によるインバウンド需要と、アジア地域への輸出(アウトバウンド需要)の拡大により、化粧品受託製造市場は順調に拡大している。

◆市場は今後も拡大基調で推移、2021年度の化粧品受託製造市場を3,474億円と予測
 大手化粧品ブランドメーカーは、アジア地域への輸出拡大により、海外市場開拓を強化する方針であり、化粧品受託製造企業も、大手企業を中心に自らが海外の需要を確保するべく、海外営業窓口や現地法人を通じた営業を強化しており、化粧品受託製造市場のグローバル化が更に進むと考える。この様な要因から、2017年度の国内化粧品受託製造市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比107.1%の2,817億円、2021年度には2016年度比132.0%の3,474億円になると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年版 化粧品受託製造・容器・原料市場の展望と戦略」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧