2017年09月04日

プレスリリース
マイクロLED世界市場に関する調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にてマイクロLED世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2017年4月~7月
2.調査対象:ディスプレイメーカー、部材メーカー、製品メーカー、大学・各種研究機関等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用

<マイクロLED市場とは>
 本調査におけるマイクロLEDとは、今後、ディスプレイや車載用ヘッドランプ、バイオ・医療機器、Li-Fi(ライファイ)通信、スマート繊維などのアプリケーションに搭載可能性のある100μm以下の超小型LEDを指す。また、本調査におけるマイクロLED市場規模は、マイクロLED光源と実装工程におけるコストを推定し、算出した。

調査結果サマリー

◆2017年のマイクロLED世界市場は700万ドルの見込
 2017年のマイクロLED世界市場規模は、700万ドルの見込みである。ソニーがマイクロLEDを用いた高画質ディスプレイシステムの発売を開始したことで、2017年から一部ではあるものの、市場が形成されている。

◆従来技術では対応が難しいディスプレイ向けから採用が始まる見通し
 近年はマイクロLEDディスプレイの商用化に成功したソニーの他にも、AppleやFoxconnなどの大手企業もマイクロLED市場への参入を図っている。ただし、マイクロLEDはディスプレイの大量生産に向けた製造技術や装備の開発がまだ十分に実現できておらず、生産性や歩留まり、コスト、サプライチェーンなどの面において解決すべき課題が山積みされている。当面は従来技術では対応が難しく、マイクロLEDの特性を生かしながらも従来技術並みのコスト・パフォーマンスを実現できるニッチな範囲で、ディスプレイアプリケーションを中心に採用が始まると予測する。

◆2025年のマイクロLED世界市場は45億8,300万ドルに拡大すると予測
 2017年以降ディスプレイ向けを中心に採用が始まり、2020年頃にはディスプレイ以外の車載用ヘッドランプやLi-Fi通信、スマート繊維、バイオ・医療機器などにも採用が開始される見込みである。ただし、まだ製造技術やコスト、安全性などの面で課題が多いため、それらのアプリケーションが市場全体に占める比率は一部に止まる見通しである。一方で、ディスプレイ向けの採用は拡大し、2020年におけるマイクロLED世界市場規模は2億2,400万ドル、2025年には45億8,300万ドルに拡大すると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「マイクロLED市場の現状と将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧