2017年09月08日

プレスリリース
CMOS/CCDカメラ世界市場に関する調査を実施(2017年)
~2016年のCMOS/CCDカメラ世界市場は前年比109.8%の40億5,000万台~

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界のCMOS/CCDカメラ、カメラ応用画像システム・機器市場の調査を実施した。

1.調査期間:2017年4月~7月
2.調査対象:カメラメーカ、カメラ応用画像システム・機器メーカ等
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談及び、電話・e-mail等によるヒアリング、当社データベース他文献調査を併用

<CMOS/CCDカメラ市場とは>
 本調査におけるCMOS/CCDカメラ市場は、撮像素子(イメージセンサ)のCMOS/CCDを内蔵したカメラを搭載した画像システム・機器製品を対象として、算出した。

調査結果サマリー

◆2016年のCMOS/CCDカメラ世界市場は40億5,000万台、2020年の同市場は52億台超と予測
 2016年のCMOS/CCDカメラ世界出荷台数(メーカ出荷台数ベース)を40億5,000万台と推計した。内、CMOSカメラが40億600万台、CCDカメラが4,400万台と、CMOSカメラが全体の98.9%を占めた。CMOS/CCDカメラは今後もスマートフォン等の成長に加え、産業(非民生)用の需要分野が伸張することで、CMOS/CCDカメラ世界出荷台数は、2009年から2020年までの年平均成長率(CAGR)が12.8%で推移し、2020年には52億2,000万台に達するものと予測する。

◆2016年のCMOS/CCDカメラ世界市場はスマートフォン用が70.5%を占める
 2016年のCMOS/CCDカメラ世界出荷台数40億5,000万台の内訳は、スマートフォン用が28億5,692万台で70.5%、タブレットPC用が3億6,925万台で9.1%、フィーチャーホン(携帯電話)用が2億9,301万台で7.2%の順となり、それら上位3品目で全体の86.8%を占める結果となった。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年度版 (CMOS/CCDカメラ応用)画像システム・機器の需要予測 -ビジュアル・コミュニケーション調査シリーズ-」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧