2017年10月20日

プレスリリース
車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施した。

1.調査期間:2017年4月~9月
2.調査対象:自動車メーカー(日本、欧州、米国、韓国、中国)、車載用リチウムイオン電池メーカー(日本、韓国、中国)
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<車載用リチウムイオン電池とは>
 本調査における車載用リチウムイオン電池とは、xEV(12V・48VマイルドHEV、ストロングHEV、PHEV、EV)に搭載されるリチウムイオン二次電池(Lithium-ion Battery 以下、LiB)を指す。また、乗用車及び商用車に搭載されるLiBを対象とする。
<車載用リチウムイオン電池市場とは>
 本調査における車載用リチウムイオン電池市場は、2016年まではLiBが搭載されたxEVのメーカー出荷ベースで、2017年以降はxEVの生産ベースでLiB容量を算出した。

調査結果サマリー

◆2016年の車載用LiB世界市場は46.6GWh、2017年は57.5GWhの見込
 2016年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場規模は、前年比152.6%の46.6GWhと順調に伸長した。各国政府の積極的なEV普及政策により、中国を中心にPHEVとEVの販売が引き続き急拡大したことが大きく貢献している。しかし、2017年は中国政府の補助金の削減、電気バス(EV)向けに対する補助金の支給規準の厳格化により、成長率は鈍化し、2017年の同市場は前年比123.3%の57.5GWhの見込みである。

◆2016年の車載用LiB世界市場は、EV向け車載用LiBが構成比87.3%を占める
 2016年の車載用LiB世界市場をxEVタイプ別でみると、EV向けが40.7GWh(構成比87.3%)、PHEV向けが5.3GWh(同11.4%)、HEV向けが621MWh(同1.3%)と、EV向けLiBの構成比率は上昇傾向にある。EV向けは特に中国においては100~300kWhの大容量LiBパックを用いるEVバスの販売が拡大し、市場を牽引している。PHEV向けもPHEV市場の伸びに比例して成長傾向で推移した。

◆2020年の車載用LiB世界市場は119.7GWh、2025年には254.9GWhに拡大すると予測
 ドイツが2030年から、イギリスとフランスは2040年から内燃機関車の新車販売を禁ずると発表するなど、各国の環境規制が更に厳しさを増している中、自動車メーカー各社のxEV新車投入の動きも早まっている。xEV市場は成長を続ける見通しであるが、xEVへの補助金が徐々に削減されることや、原材料の価格高騰等、xEVを取り巻く多くの課題が完全には解決されないと考え、2020年における車載用LiB世界市場規模は119.7GWh、2025年には254.9GWhと緩やかな成長に留まると予測する。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「2017年版 車載用リチウムイオン電池市場の現状と将来展望」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧