2017年12月14日

プレスリリース
ペット関連サービスに関するアンケート調査を実施(2017年)

※プレスリリース全文(PDF)

調査要綱

 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のペット(犬、猫)飼育者に対し、ペット関連サービスに関する消費者アンケート調査を実施した。

1.調査期間:2017年6月~8月
2.調査対象:全国のペット(犬・猫)飼育者1,000名、ペット関連サービス事業者
3.調査方法:インターネット調査、当社専門研究員による直接面談ならびに文献調査を併用

<ペットの関連サービスに関するアンケート調査について>
 本アンケート調査では、ペットシッターやペットホテル、ペットサロンなどの生活関連、ペット同伴での外出、宿泊施設、ドッグランなどのレジャー関連、サービスを選ぶ際の情報源などのコミュニケーション関連、ペット保険やペットの健康維持管理などのヘルスケア・医療・介護関連、ペットの葬祭関連等のペット関連サービスの利用状況について、調査・分析を実施した。

調査結果サマリー

◆ペットの健康維持・管理に対応したペット関連サービスの充実が進む
 近年、ペットの健康管理に対する飼育者の意識が高まっており、ペット関連サービスにおいても、ペット専用フィットネスや日々の食事内容・運動量・体重等の情報を記録・管理するサービスなど、ペットの健
康管理を目的としたサービスが生まれている。また、ペット保険市場は継続して伸長しており、二次診療(高度医療)を専門とする動物病院が上場し業績を伸ばしているなど、高度な動物医療への需要の高まりが見られる。

◆主に犬を対象としたサービスが多い中、猫に特化したペット関連サービスも支持を集める
 ペット関連サービスでは、主に犬の飼育者を対象としたサービスが多い。ペット(犬・猫)飼育者1,000名を対象としたアンケート調査でも、ペットサロンの利用経験がある回答者は、犬飼育者が57.0%に対し
て猫飼育者は8.6%であった。一方で、猫専用ペットホテルなど猫専用のサービスを提供する事業者もおり、猫に特化したサービスとすることで差別化し、猫飼育者の支持を集めている。

◆インターネットの普及によって、ペット飼育者による情報発信、飼育者同士での情報交換が進展
 ペット(犬・猫)飼育者1,000名を対象としたアンケート調査で、ペットシッター、ペットホテル、ペットタクシーの利用経験者がサービスを選んだ際に参考とした情報源として「インターネット(PC)」の回答率(42.9%、35.5%、35.7%)が最も高かった。インターネットの利用が広く普及する中で、ペット飼育者同士のコミュニケーションや情報収集のあり方に変化が起こっており、従来メディアである雑誌やテレビによる情報収集のほか、SNS等を通じ、飼育者自身による情報発信、飼育者同士での情報交換がなされていると考える。

※プレスリリース全文(PDF)

※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

この調査結果掲載の資料

資料名: 「ペット関連サービスの市場実態と将来展望~多様化するニーズと拡大する各種サービス~」

お問い合わせ

プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。

無断転載禁止

<< プレスリリース一覧