セミナーのご案内

高機能フィルムセミナー -タッチパネル特集- 一般企業様 ・月刊誌『Yano E plus』又は指定マーケットレポートご購入者様・YDB会員様

毎回ご好評いただいております矢野経済研究所 CMEO事業部(Chemicals & Materials / Electronics & Optics)の高機能フィルムセミナーですが、今回は注目著しいタッチパネル市場に軸足をおいた企画をいたしました。いずれも近刊レポートからの情報をベースとしておりますので最新動向の把握に最適です。(1)タッチパネル全体動向、(2)透明導電性フィルム、(3)OCA、(4)ハードコートフィルムの4テーマを取り上げます。

各テーマにおいて、特に動きの激しいスマートフォン、タブレットPC向けなどの注目市場、および技術動向についてお話いたします。同時に関連する海外メーカーの動向につきましてもホットな話題を提供いたします。
なお、スピーカーは各テーマの弊社専門研究員がそれぞれ務めさせていただきます。

セミナー概要

10:00~10:05 開会挨拶
10:05~11:05

タッチパネル全体動向

ガラスセンサーはOGSへ、ポストGFFの本流は?
大型用途が本格化、安定供給体制を構築した者のみ成長へ
TPメーカーの喫緊の課題はワンストップ体制の確立

11:10~12:10

透明導電性フィルム

ITOフィルムは上位2社の寡占続くも韓国勢が台頭
ITOフィルム抵抗値は150Ω/□前後まで下がる
AgNW、メタルメッシュなど非ITO系センサーの採用始まる

12:10~13:00 昼食(こちらで用意させていただきます)
13:00~14:00

OCA

3Mの寡占市場でLGHが猛追、日本メーカーも巻き返しを!
印刷段差への追従性を高めたホットメルト型、50μmの段差もカバー
スマートフォンやタブレットPCでダイレクトボンディングが本格化

14:05~15:05

ハードコートフィルム

ITOベースではIM付フィルムの開発競争激化
それ以外の用途ではガラス代替の可能性を模索した展開始まる
コーティングの枠を超えた研究開発の推進を

15:05~15:10 閉会挨拶

※セミナープログラムの順番や構成が変わる場合もございますので、予めご容赦いただけますようお願い申し上げます。

セミナー要綱

開催日時 2013年9月6日(金) 10:00~15:10
会場 新宿住友スカイルーム
(東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル47F)
受講料(昼食付) 44,100円(税込)
割引価格:39,690円(税込)
(月刊誌『Yano E plus』又は指定マーケットレポートご購入者・YDB会員)
※受講料にはテキスト資料代含む。
定員 80名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
お申し込み 一般企業様はこちら
月刊誌『Yano E plus』又は指定マーケットレポートご購入者様・YDB会員様はこちら
お願い お申し込み後、請求書と受講票メールをお送り致します。
セミナー受講料は開催日前日までにお振り込みください。
尚、参加人数に限りがございますため受講料お振込み後の申込み取り消しはお受けしかねますので、当日欠席の場合は代理の方のご出席をお願い致します。
お問い合わせ先 株式会社 矢野経済研究所 営業本部 カスタマーセンター
TEL:03-5371-6901 / FAX:03-5371-6970
ご購入者割引対象マーケットレポート
  • 2013年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析
  • 2013年版 半導体プロセス及び基板用研磨材市場の展望と戦略
  • 2013年版 プラスチックシート市場の展望と戦略
  • 2012年版 環境・省エネ関連窓材市場の展望と戦略
  • 2012年版 高機能紙市場の展望と戦略
  • 2012年版 高機能フィルム市場の展望と戦略
  • 2012年版 ポリエチレン市場の徹底分析
  • 2012年版 透明導電性フィルム市場の現状と将来展望
  • 2012年版 エンプラ市場の展望と戦略
  • 2012年版 反射防止フィルム市場の現状と将来展望
  • 2012年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析
  • 2011年版 ウィンドウフィルム市場の展望と戦略
  • 2011年版 ハードコートフィルム市場の展望と戦略
  • 2011年版 3D-TV市場の現状と将来展望
  • 2011年版 アジア包装材料市場の展望と戦略
  • 2011年版 高機能フィルム市場の展望と戦略
  • 2011年版 LCDバックライト・部材市場の展望と戦略
  • 2011年版 アフターマーケット用液晶保護フィルム市場の現状と展望
  • 2010年版 反射防止フィルム市場の現状と将来展望
  • 2010年版 透明導電性フィルム市場の現状と将来展望(特別編集版)
  • 2011年版 静電容量方式タッチパネル部材市場の徹底分析
  • 2010年版 高機能透明樹脂市場の展望と戦略
  • 2010年版 高機能フィルム市場の展望と戦略
  • 2010年版 三次元加飾フィルム市場の展望と戦略
  • 2010年版 プラスチックシート市場の展望と戦略
  • 2010年版 タッチパネル部材市場の展望と戦略
  • 2012年版 定置用(ESS)蓄電池市場の現状と将来展望
  • 2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~主要四部材編~
  • 2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~電解液・電解質編~
  • 2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~セパレーター編~
  • 2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~負極材編~
  • 2012年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望~正極材編~
  • 2012年版 次世代二次電池市場の現状と展望
  • 2011年版 リチウムイオン電池市場の現状と将来展望