自社企画マーケットレポート

1992年の発刊開始より20年間、関連機器メーカー各社への〝直接取材〟により、パチンコ産業の機器関連市場(遊技機、設備機器)の量的規模・金額規模を収録してまいりました。取材ベースによる貴重な掲載数値、商品ジャンル別動向、企業別動向は、各方面の企業様にご支持いただいております。

※消費税につきましては、法令の改正に則り、適正な税額を申し受けいたします。

2017年版 パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア
2017年版 パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア
発刊:
2017年8月25日
体裁:
B5・365頁
定価:
¥115,000(税別)
1992年の発刊開始より26年間、本調査レポートでは、関連機器メーカー各社への〝直接取材〟により、パチンコ産業の機器関連市場(遊技機、設備機器)の数量・金額規模を収録している。
2017年版 パチンコホールの閉店実態
2017年版 パチンコホールの閉店実態
発刊:
2017年2月27日
体裁:
A4・134頁
定価:
¥90,000(税別)
厳しい業況が続くパチンコ業界では、2016年末にマックスタイプの撤去を終えたものの、2017年9月にはパチスロ5.5号機新台設置期限を控えており、今後、パチンコホールの閉店が加速するおそれがある。本調査レポートでは、YANOパチンコデータベースをもとに、2016年に廃業したパチンコ企業や閉店した店舗の傾向を分析した。パチンコホールの店舗戦略の立案や、与信管理に活用できるレポートです。
2017 パチンコ経営企業総覧(東日本版)
2017 パチンコ経営企業総覧(東日本版)
発刊:
2017年2月20日
体裁:
A4・694頁
定価:
¥110,000(税別)
発刊25年の圧倒的な情報蓄積が弊社データベースの最大の特徴です。調査、現地取材を徹底実施。全国のホール経営企業、営業ホールを網羅しました。
2017 パチンコ経営企業総覧(西日本版)
2017 パチンコ経営企業総覧(西日本版)
発刊:
2017年2月21日
体裁:
A4・750頁
定価:
¥110,000(税別)
発刊25年の圧倒的な情報蓄積が弊社データベースの最大の特徴です。調査、現地取材を徹底実施。全国のホール経営企業、営業ホールを網羅しました。
2016 パチンコ産業白書
2016 パチンコ産業白書
発刊:
2016年12月28日
体裁:
B5・751頁
定価:
¥115,000(税別)
本調査レポートは、パチンコ産業の現状を表す指標を完全網羅し、パチンコホール、遊技機メーカー、関連機器メーカー、パチンコ産業に関わる全ての情勢が掴める一冊です。
2016年版 パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア
2016年版 パチンコ関連メーカーの動向とマーケットシェア
発刊:
2016年8月25日
体裁:
B5・363頁
定価:
¥115,000(税別)
1992年の発刊開始より25年間、関連機器メーカー各社への〝直接取材〟により、パチンコ産業の機器関連市場(遊技機、設備機器)の量的規模・金額規模を収録してまいりました。取材ベースによる貴重な掲載数値は、各方面の企業様にご支持いただいております。
2016 パチンコホールの新規出店エリアマーケティングレポート(東日本版)
2016 パチンコホールの新規出店エリアマーケティングレポート(東日本版)
発刊:
2016年2月29日
体裁:
A4・339頁
定価:
¥20,000(税別)
パチンコ産業の景況判断指標の一つであるパチンコホールの新規出店動向を整理するとともに、エリアマーケティングの観点から、新店舗の立地特性、競争環境、市場でのポジションを明らかにし、パチンコホール経営企業の新規出店戦略策定の指針となる資料を提供する。
2016 パチンコホールの新規出店エリアマーケティングレポート(西日本版)
2016 パチンコホールの新規出店エリアマーケティングレポート(西日本版)
発刊:
2016年2月29日
体裁:
A4・357頁
定価:
¥20,000(税別)
パチンコ産業の景況判断指標の一つであるパチンコホールの新規出店動向を整理するとともに、エリアマーケティングの観点から、新店舗の立地特性、競争環境、市場でのポジションを明らかにし、パチンコホール経営企業の新規出店戦略策定の指針となる資料を提供する。
2013年版 パチンコホール企業の財務戦略
2013年版 パチンコホール企業の財務戦略
発刊:
2013年10月29日
体裁:
A4・263頁
定価:
¥78,000(税別)
パチンコホールは、急激な外部環境変化への適応を迫られており、財務基盤の強化、安定した資金調達が益々重要になり、そのためには、財務の透明性を高め、市場関係者からの信頼、評価を高めることが必要です。明確な財務戦略に基づく営業戦略の立案、社内体制の整備、コンプライアンス対応は市場評価を高めるための喫緊の課題であり、本調査レポートではホール財務の最新分析に基づき、今後の経営指針となるデータを掲載いたしました。