マテリアル

2019年のワイドバンドギャップ半導体単結晶世界市場は100億円突破を予測

Si(シリコン)を代替する材料として、パワーデバイスを中心に採用が進んでいるワイドバンドギャップ半導体単結晶は年々市場が拡がっており、2019年のワイドバンド半導体単結晶世界市場(メーカー出荷金額ベース)を前年比102.4%の100億8,200万円と予測する。材料別の構成比では、炭化ケイ素(以下SiC)が54億100万円で54%、窒化ガリウム(以下GaN)が41億4,700万円で41%、酸化ガリウム(以下Ga2O3)が2億1,500万円で2%、窒化アルミニウム(以下AlN)が8,000万円で1%、ダイヤモンドが2億3,900万円で2%となっており、アプリケーションへの採用数が多いSiCが市場の半分以上を占める見込みである。


調査結果サマリー
ワイドバンドギャップ半導体単結晶世界市場に関する調査を実施(2019年)

関連マーケットレポート
2019年版 ワイドバンドギャップ半導体単結晶市場の現状と展望 ~SiC、GaN、Ga203、その他~