終了 ECサイト展開企業200社への総合アンケート調査―サイト構築/運営・リニューアル/ネット広告利用動向に関する実態レポート―

企画趣旨

近年、成長を続ける国内EC 市場において、各ECサイト展開企業における「サイト構築」および「サイト運営」の実態を定量的に把握することで、最新トレンドを研究し、今後を展望することを目的としている。
サイト構築では、ECサイト構築市場はコモディティ化が進んでいたが、ここにきてクラウド型サービスの台頭、ECサイトの役割の変化(O2O関連機能やマーケティング支援など)により、新たな事業者間競争が発生している。さらに“ECビジネス”と”実店舗ビジネス”との事業連携を図る「オムニチャネル化」の動きが大手小売業を中心に進められている。
サイト運営面では、競争が激化するECサイトの売上拡大に重要な役割を果たす、顧客サービスや販促機能の提供状況、ネット広告の活用等「デジタルマーケティング戦略の再構築」という大きな転換期を迎えている。さらにECサイトを構築したものの売上最大化が実現できていない企業に対する運営代行・支援ビジネスや、EC決済サービス、マーケティングオートメーションへの対応など新たなビジネスも立ち上がっている。
当調査は、ECサイト展開企業が今後の戦略や取組施策を検討するうえで押さえるべき市場トレンドと将来展望を、アンケート調査に基づき提供するものである。

調査要項

調査対象:国内の主要ECサイト展開企業200社を想定
調査方法:電話アンケート調査

報告書内容予定

<アンケート調査項目>
※各項目につき単純集計/クロス集計を実施予定
1. ECの実施状況
  1.1. ECサイトの対象(PC/モバイル)
  1.2. 取扱商材(総合/食品/衣料/化粧品/書籍など)
2. ECサイトの構築実態
  2.1. ECサイト構築(リニューアル)時期
  2.2. ECサイトの構築手法と選択理由(パッケージ/スクラッチ等)を選択した理由
  2.3. オムニチャネル対応状況
  2.4. ECサイトに対する満足度(構築手法別)
3. ECサイトの運営実態と機能検討
  3.1. サイト運営で重視する施策
  3.2. リニューアル時に重視するポイント(価格or集客・販促機能の向上)
  3.3. 投資動向(売上高に占める集客・販促機能/リニューアル費用)
  3.3. ネット広告の活用状況(リスティング/アフィリエイト/リターゲティング等)
  3.4. コンサルティング/運営代行の活用状況
  3.5. EC決済サービスの活用状況
  3.6. 運営自動化への関心(マーケティングオートメーションや運営のオートメート化)

 

募集要項概要

参加募集期限:2015/12/下旬
調査実施期間:2015/12/末日~2016/02/末日頃(調査報告書納品予定:2016年2月末日頃)
参加費用:300,000円(税別)

 

注1)調査企画名、参加募集期限は変更する場合がございます。
注2)調査報告書納品予定は募集状況、調査状況その他により遅れる場合がございます。