終了 ファッションレンタル市場の実態と展望

企画趣旨

これまで、ファッションアイテムのレンタルサービスは、喪服や着物、ドレス等のフォーマルウェアに限られているのが実情でしたが、最近では新しい洋服の楽しみ方として、普段使いのカジュアルウェアやアクセサリーをレンタルする事業者が増えてきました。
エアークローゼットでは既に会員数が7万5,000人を超えた他、ストライプインターナショナルでも、自社6ブランドの最新ウエアをレンタルできるサービス「メチャカリ」を2015年よりスタートさせています。
今後、カジュアルウェア市場でも“レンタル”という概念が普及していけば市場は大きく拡大する可能性も秘めており、このような環境変化を受けてアパレル関連各社でもレンタル市場への参入を検討する企業も少なくありません。
本企画では、カジュアルファッションレンタルの競争環境や課題、参入各社の事業展開状況等を整理するとともに、マーケットポテンシャルや成長性について考察致します。

調査要項

調査方法:直接面接取材を中心に、弊社ストックデータ並びに各種オープンデータの収集

調査対象:カジュアルウェアの定額レンタルサービスを行う事業者(※括弧内はサービス名称)
・エアークローゼット(エアークローゼット)
・ストライプインターナショナル(メチャカリ)
・ガールズスタイリング(リシェ)
・エス(ラクサス)
・フレッシュネック(フレッシュネックジャパン)
・オムニス(サスティナ)
・タナクロ(カシカリ)
・リヴァンプ(ビモール)

報告書内容予定

第一部 市場概要
 市場定義
 ビジネスモデルの説明
 業界構造、仕組み、サプライチェーンなど、業界のメカニズム
 参入プレイヤー一覧とその特徴・強み、及び展開サービス一覧
 消費者傾向
 新規参入状況、参入障壁について考察
 市場規模推移、市場動向
 主要プレイヤーのポジショニング(売上ランキング、売上シェア、他)
 業界内の競争ポイント
 将来予測、今後の展望
第二部 主要企業の取り組み実態
 企業概要
 業績推移、レンタル事業売上高
 サービス概要(仕組み)、ターゲット、主要顧客、特徴
 消費傾向、ニーズ
 市場への評価・見解
 業界の課題・問題点
 注力ポイント、今後の戦略

募集要項概要

参加募集期限:2016/09/30
調査実施期間:2016/10/上旬~2016/12/下旬(調査報告書納品予定:2016年12月下旬)
参加費用:500,000円(税別)
詳細・お申込みはホームページよりお問い合わせください。

注1)調査企画名、参加募集期限は変更する場合がございます。
注2)調査報告書納品予定は募集状況、調査状況その他により遅れる場合がございます。