終了 マルチペイメントゲートウェイサービスの実態調査

企画趣旨

近年、日本では様々な決済サービスが台頭している。小売事業者等は効率的な決済サービスの導入だけでなく、ポイントやCLOを活用した販促支援、クレジットカード情報の非保持化や不正利用対策も課題となっている。

本調査では、マルチペイメントゲートウェイサービス提供事業者へのヒアリングを通して、主要参入企業のビジネスモデルや機能比較のほか、戦略の方向性や今後の取組み、課題等の整理分析を進めることで、決済インフラ整備に関する在り方を展望することを目的とする。

調査要項

調査対象:マルチペイメントゲートウェイサービス提供事業者3社
調査方法:マルチペイメントゲートウェイサービス提供事業者を対象としたヒアリング調査
調査期間:2016年12月上旬~2017年1月中旬

 

報告書内容予定

0 調査要綱
1 総論
  ①市場概況
  ②参入企業とビジネスモデル、スキーム
  ③将来展望
2 戦略と取組み状況
  ①主要企業の戦略の方向性
  ②主要企業の事業強化に向けた取組み
  ③主要企業の抱える課題と展望
3 個社別の実績や戦略動向
  ①事業概況、ビジネスモデル
  ②事業実績(導入企業数や導入事例)
  ③業績動向
  ④戦略と重点施策
  ⑤事業強化に向けた取組み

 

募集要項概要

参加募集期限:2016/11/30
調査実施期間:2016/12/上旬~2017/01/中旬頃(調査報告書納品予定:2017年1月下旬頃)
参加費用:500,000円(税別)
詳細・お申込みはホームページよりお問い合わせください。

注1)調査企画名、参加募集期限は変更する場合がございます。
注2)調査報告書納品予定は募集状況、調査状況その他により遅れる場合がございます。