終了 つながる工場実態調査

企画趣旨

インダストリー4.0など工場の自動化、IT化などが話題になっています。FA機器やロボットなどの活用は進んでいるイメージがある一方で、工場内のデータ収集、ネットワーク化などは、あまり進んでいない印象があります。

本調査では、国内製造業の現場に対しアンケート調査を行い、「つながる工場」実現に向けて、現在の状況をアンケート調査するものとします。

本アンケートを実施することで、貴社が想定する工場向けITビジネスと実際のユーザーとのGAP分析を行うことができます。このGAPを明らかにせず、雰囲気だけで営業計画・開発計画を行ったがために現実との乖離を解消できない企業もあります。絵に描いた餅にならない中計経営計画やマーケティング戦略にするために、本アンケート調査マルチ企画にご参加することをお勧めいたします。

調査要項

調査対象:日本国内の製造業 200社(予定)生産技術部、IT部門、工務部など
調査方法:電話アンケート調査
調査期間:2016年12月~2017年3月

報告書内容予定

アンケート回答企業のプロフィール
アンケート結果概要
アンケート結果について
  見える化の達成状況
  主要な生産機器のネットワーク接続状況
  ネットワーク接続の目的
  ネットワーク接続する際の課題
  無線接続の有無および今後の採用可能性
  主要な生産機器の稼働データ取得状況
  主要な生産機器の稼働データの二次活用状況
  データ格納先(オンプレミス、クラウド)/今後の方向性
  工場のIT化を担う担当部署
  インダストリー4.0に対する関心度
  工場のIoT化に向けた取組内容

 

募集要項概要

参加募集期限:2017/03/31
調査実施期間:2016/12/~2017/03(調査報告書納品予定:2017年3月下旬頃)
参加費用:800,000円(税別)
詳細・お申込みはホームページよりお問い合わせください。

注1)調査企画名、参加募集期限は変更する場合がございます。
注2)調査報告書納品予定は募集状況、調査状況その他により遅れる場合がございます。