終了 ファッションレンタル・ファッション系フリマアプリにおける消費者の利用実態調査

企画趣旨

近年、ファッションアイテムの新たな購買スタイルを提案する企業が続々と出現し、急成長企業が散見される。
ファッションリユース市場では、「メルカリ」のようなCtoC型取引のプラットフォームが普及したことにより、従来型のBtoC型(店舗販売型)の中古ショップが苦境に立たされつつある。また、エアークローゼットに代表される「定額レンタルサービス」を行う事業者も多数出現し、市場はこれから成長期を迎えようとしている。
今後、ファッションアイテムでは、これらのような“2次流通市場”への参入企業が増加することが予想される。
これまで、ファッションアイテムのレンタルサービスは、喪服や着物、ドレス等のフォーマルウェアに限られているのが実情だったが、最近では新しい洋服の楽しみ方として、普段使いのカジュアルウェアやアクセサリーをレンタルする事業者が増えてきた。エアークローゼットでは既に会員数が7万5,000人を超えた他、ストライプインターナショナルでも、自社6ブランドの最新ウエアをレンタルできるサービス「メチャカリ」を2015年よりスタートさせている。
今後、カジュアルウェア市場でも“レンタル”という概念が普及していけば市場は大きく拡大する可能性も秘めており、このような環境変化を受けてアパレル関連各社でもレンタル市場への参入を検討する企業も少なくない。
本企画では、カジュアルファッションレンタルサービスやフリマアプリの利用実態に加え、消費者のスタンスやニーズといった価値観を明らかにすることで、マーケットの今後の方向性について考察する。

調査要項

調査対象:全国の成人男女のうち、ファッションレンタルサービス、及びフリマアプリの利用者(現在利用している人)、並びに利用経験者(過去利用していたが辞めてしまった人)
調査方法:インターネット調査

報告書内容予定

第1章 ファッションレンタル市場

第一部 ファッションレンタルサービスの利用状況・実態
 ファッションレンタルサービスの認知度・利用率
 ファッションレンタルサービスでよく利用するアイテム
 ファッションレンタルサービスを利用している理由
 レンタルしたアイテムの利用シーン・利用目的
 ファッションレンタルサービスに対する満足要因・不満要因
 ファッションレンタルサービスの利用を辞めてしまった理由
 その他
第二部 ファッションレンタルサービスに対するスタンス・ニーズ
 ファッションレンタルの利用に際して重視する要素
 ファッションレンタルサービスの利用に際して許容できる価格帯
 その他
第三部 ファッションレンタルサービス事業者の顧客満足度調査とポジショニング
 事業者候補:エアークローゼット、メチャカリ、ラクサス、
 フレッシュネックジャパン、サスティナ、カシカリ等
 アイテム充実度
 サービス料金
 問合せ対応、アフターフォロー
 スタイル提案
 その他

第2章 ファッション系フリマアプリ市場

第一部 ファッション系フリマアプリの利用状況・実態
 フリマアプリの認知度・利用率
 フリマアプリでよく利用するファッション系アイテム
 フリマアプリでファッション系アイテムを購入している理由
 フリマアプリで購入したファッション系アイテムの利用シーン・利用目的
 フリマアプリに対する満足要因・不満要因
 フリマアプリの利用を辞めてしまった理由
 その他
第二部 ファッション系フリマアプリに対するスタンス・ニーズ
 フリマアプリの利用に際して重視する要素
 フリマアプリで購入するファッション系アイテムへの支出額
 その他
第三部 ファッション系フリマアプリ事業者の顧客満足度調査とポジショニング
 事業者候補:メルカリ(メルカリ)・ファブリック(フリル)・
 楽天(ラクマ)・ライン(ラインモール)他
 アイテム充実度
 問合せ対応、アフターフォロー
 買い安さ
 サイトの見やすさ
 その他

募集要項概要

参加募集期限:2017/08/31
調査報告書納品予定:2017年10月下旬頃
参加費用:500,000円(税別)
詳細・お申込みはホームページよりお問い合わせください

注1)調査企画名、参加募集期限は変更する場合がございます。
注2)調査報告書納品予定は募集状況、調査状況その他により遅れる場合がございます。