「電動パワーステアリング世界市場に関する調査を実施(2017年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望

価格(税込):143,000円(本体価格 130,000円)
「2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全188ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 EPSの市場概況

1-1 EPSの歴史と進化
1-2 EPSの種類と特徴
  1-2-1 パワーステアリングシステムの種類
  1-2-2 EPSの構成
  1-2-3 EPSの種類
1-3 EPSを取り巻く環境
  1-3-1 各国の環境規制の強化
  1-3-2 「燃費向上」から「自動運転」へ
  1-3-3 自動操舵に関する国際基準の動向

第2章 地域別EPSマーケット予測

2-1 ワールドワイド
2-2 日本
  2-2-1 燃費規制の動向(現行~2020年規制)
  2-2-2 自動車生産台数とEPSの市場規模予測
2-3 欧州
  2-3-1 燃費規制の動向(現行~2020年規制)
  2-3-2 自動車生産台数とEPSの市場規模予測
2-4 北米
  2-4-1 燃費規制の動向(現行~2020年規制)
  2-4-2 自動車生産台数とEPSの市場規模予測
2-5 中国
  2-5-1 燃費規制の動向(現行~2020年規制)
  2-5-2 自動車生産台数とEPSの市場規模予測
2-6 その他地域
  2-6-1 自動車生産台数とEPSの市場規模予測

第3章 アシスト方式(タイプ)別市場動向

3-1 タイプ別EPS&EHPSの市場予測(2016年~2020年/2025年)
3-2 メーカシェア(2016年)
  3-2-1 納入マトリクス
  3-2-2 メーカシェア
  3-2-3 コラムアシストタイプのメーカシェア
  3-2-4 ピニオンアシストタイプのメーカシェア
  3-2-5 ラックアシストタイプのメーカシェア
  3-2-6 EPSのメーカシェア
  3-2-7 EHPSのメーカシェア
  3-2-8 EPS&EHPSのメーカシェア
3-3 地域別各タイプの需要予測
  3-3-1 日本
  3-3-2 欧州
  3-3-3 北米
  3-3-4 中国・その他地域
3-4 タイプ別各地域の需要予測(2016年~2020年/2025年)
  3-4-1 コラムアシストタイプEPS
  3-4-2 ピニオンアシストタイプEPS
  3-4-3 ラックアシストタイプEPS
  3-4-4 電動油圧パワーステアリング(EHPS)

第4章 EPS主要構成部品の市場動向

4-1 モータ
  4-1-1 コンポーネント概要
  4-1-2 技術動向
  4-1-4 メーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-1-5 市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
4-2 ECU
  4-2-1 コンポーネント概要
  4-2-2 技術動向
  4-2-3 納入マトリクス(2016年)
  4-2-4 メーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-2-5 市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
4-3 トルクセンサ
  4-3-1 コンポーネント概要
  4-3-2 納入マトリクス(2016年)
  4-3-3 検出方式別シェア(2016年、数量ベース)
  4-3-4 メーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-3-5 市場規模予測(2016年~2020年、2025年、数量・金額ベース)
4-4 ブラシレスモータポジションセンサ
  4-4-1 コンポーネント概要
  4-4-2 納入マトリクス(2016年)
  4-4-3 検出方式別シェア(2016年、数量ベース)
  4-4-4 EPSモータ用レゾルバのメーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-4-5 市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
4-5 ステアリングアングルセンサ
  4-5-1 コンポーネント概要
  4-5-2 納入マトリクス(2016年)
  4-5-3 検出方式別シェア(2016年、数量ベース)
  4-5-4 メーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-5-5 市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
4-6 コンビネーションスイッチ
  4-6-1 コンポーネント概要
  4-6-2 納入マトリクス(2016年)
  4-6-3 メーカシェア(2016年、数量ベース)
  4-6-4 市場規模予測(2016~2020年/2025年、数量・金額ベース)

第5章 EPSの開発方向性

5-1 EPSの開発トレンドとステアバイワイヤの動向
5-2 モータ/ECUの一体化(機電一体化)
5-3 機能安全対応と冗長設計
5-4 48V化によるEPSの高効率・高出力化

第6章 主要EPSシステムメーカの最新動向

6-1 株式会社ジェイテクト
6-2 日本精工株式会社
6-3 株式会社ショーワ
6-4 KYB株式会社
6-5 日立オートモーティブシステムズ株式会社
6-6 Bosch
6-7 ZF TRW
6-8 Nexteer Automotive
6-9 ThyssenKrupp Presta
6-10 Mando Corporation
6-11 China Automotive Systems

第7章 注目EPSコンポーネントメーカの最新動向

7-1 日本電産(モータ)
7-2 HELLA(トルクセンサ)
7-3 パナソニック(モータポジションセンサ)
7-4 パナソニック(ステアリングアングルセンサ)
7-5 KOSTAL(コンビネーションスイッチ)

図表目次

第1章 EPSの市場概況

表1-1 EPSの特徴
表1-2 EPSの主な構成部品と機能
表1-3 EPS方式の特徴と比較
表1-4 主なEPSシステムサプライヤのラインナップ
表1-5 各国の自動車燃費規制(km/L換算)
表1-6 日米欧中のステアリングに関する法規・規格の比較
表1-7 自動操舵に関する検討項目と将来的な基準案
図1-1 EPSの搭載動向・搭載目的・開発課題の歴史
図1-2 EPS&EHPS 需要数量の予測(2009年/2012年/2015年)
図1-3 パワーステアリングの比較(HPS・EHPS・EPS)
図1-4 EPSの構成
図1-5 コラムアシストタイプEPS(ジェイテクト)
図1-6 ピニオンアシストタイプEPS(KYB)
図1-7 ラックアシストタイプEPS(左:NSK、右:ショーワ)
図1-8 ステアリングシステムの種類と本調査の対象領域
図1-9 各国の自動車燃費規制値の推移(km/L換算)
図1-10 主な燃費向上技術とCO2排出量削減効果と搭載コスト比較表
図1-11 EPSとの協調制御システムの導入時期
図1-12 自動運転の導入時期
図1-13 ステアリングに対する要求と対応技術
図1-14 自動操舵に関わる基準改正

第2章 地域別EPSマーケット予測

表2-1 自動車生産台数とEPS&EHPSの需要数量の予測(2016年~2020年/2025年)
表2-2 地域別EPS&EHPS需要数量の予測(2016年~2020年/2025年)
表2-3 各国の自動車燃費規制(km/L 換算)
表2-4 調査対象国における燃費・CO2排出基準のロードマップ
表2-5 日本の燃費規制
表2-6 日本の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
表2-7 欧州の燃費規制の概要
表2-8 欧州主要国の車体課税におけるCO2排出基準
表2-9 欧州の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
表2-10 アメリカのCO2排出基準及び同基準に相当する燃費基準
表2-11 2025年目標達成に向けた具体的処置
表2-12 北米の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測
表2-13 中国の燃費規制「第三段階・第四段階」の比較
表2-14 中国の燃費規制の概要
表2-15 中国の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測
表2-16 その他地域の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測
図2-1 自動車生産台数とEPS&EHPSの需要数量の予測(2016年~2020年/2025年)
図2-2 地域別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
図2-3 地域別EPS&EHPS需要数量の構成比予測(2016年~2020年/2025年)
図2-4 日本の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
図2-5 欧州の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
図2-6 北米の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測
図2-7 中国の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測
図2-8 その他地域の自動車生産台数とEPS&EHPS需要数量予測

第3章 アシスト方式(タイプ)別市場動向

表3-1 セグメントによるEPSタイプの使用傾向
表3-2 タイプ別EPS&EHPSの世界需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
表3-3 主なEPS&EHPSシステムの納入マトリクス(2016年)
表3-4 各EPSサプライヤのタイプ別供給数量(2016年)
表3-5 コラムアシストタイプの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-6 ピニオンアシストタイプの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-7 ラックアシストタイプの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-8 EPSの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-9 EHPSの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-10 EPS&EHPSの各メーカの出荷数量とメーカシェア(2016年)
表3-11 日本におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-12 欧州におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-13 北米におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-14 中国におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-15 その他地域におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測
表3-16 コラムアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-17 ピニオンアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-18 ラックアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
表3-19 電動油圧パワーステアリングの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-1 タイプ別EPS&EHPSの世界需要数量予測(2016年~2020年/2025年)
図3-2 タイプ別EPS&EHPSの世界需要数量の構成比予測(2016年~2020年/2025年)
図3-3 コラムアシストタイプのメーカシェア(2016年)
図3-4 ピニオンアシストタイプのメーカシェア(2016年)
図3-5 ラックアシストタイプのメーカシェア(2016年)
図3-6 EPSのメーカシェア(2016年)
図3-7 EHPSのメーカシェア(2016年)
図3-8 EPS&EHPSのメーカシェア(2016年)
図3-9 日本におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-10 欧州におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-11 北米におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-12 中国におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-13 その他地域におけるタイプ別EPS&EHPSの需要予測
図3-14 コラムアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-15 ピニオンアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-16 ラックアシストタイプEPSの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)
図3-17 電動油圧パワーステアリングの地域別需要予測(2016年~2020年/2025年)

第4章 EPS主要構成部品の市場動向

表4-1 EPSモータに対する要求
表4-2 モータの開発トレンドとその方向性の関係
表4-3 EPS用モータの納入マトリクス(2016年)
表4-4 EPS用モータのメーカシェア(2016年、タイプ別と総合計)
表4-5 EPS用モータの市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表4-6 EPSの主な制御
表4-7 ECUの開発トレンドとその方向性の関係
表4-8 EPS用ECUの納入マトリクス(2016年)
表4-9 EPS用ECUのメーカシェア(2016年)
表4-10 EPS用ECUの市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
表4-11 主要方式の特徴
表4-12 EPS用トルクセンサの納入マトリクス
表4-13 EPS用トルクセンサの検出方式別シェア(2016年)
表4-14 EPS用トルクセンサのメーカシェア(2016年)
表4-15 EPS用トルクセンサの市場規模予測
表4-16 角度センサの比較
表4-17 EPS用モータポジションセンサの納入マトリクス(2016年)
表4-18 EPSモータ用ポジションセンサの検出方式別シェア(2016年)
表4-19 EPSモータ用レゾルバのメーカシェア(2016年)
表4-20 EPSモータ用ポジションセンサの市場規模予測
表4-21 方式別の比較
表4-22 ステアリングアングルセンサの納入マトリクス
表4-23 ステアリングアングルセンサの検出方式別シェア(2016年、数量ベース)
表4-24 ステアリングアングルセンサのメーカシェア(2016年、数量ベース)
表4-25 ステアリングアングルセンサの市場規模予測
表4-26 コンビネーションスイッチの納入マトリクス
表4-27 コンビネーションスイッチのメーカシェア(2016年)
表4-28 コンビネーションスイッチの市場規模予測(2016年)
図4-1 結線とコイル線径の関係
図4-2 EPS用モータのメーカシェア(2016年、タイプ別と総合計)
図4-3 EPS用ブラシ付きモータのメーカシェア(2016年)
図4-4 EPS用ブラシレスモータのメーカシェア(2016年)
図4-5 EPS用モータの市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図4-6 EPS用ECUの回路例(ブラシレス)
図4-7 EPS制御の例
図4-8 EPSのECU用1パッケージパワーモジュール(Fairchild・Bosch)
図4-9 EPS向けMOSFETモジュールIPWM
図4-10 第3世代のコラムアシスト式EPSに搭載されたECU(TRW)
図4-11 EPS用ECUのメーカシェア(2016年、タイプ別と総合計)
図4-12 EPS用ECUの市場規模予測(2016年~2020年/2025年、数量・金額ベース)
図4-13 ホールIC式センサ(日立金属)と電磁誘導式トルクセンサ(HELLA)
図4-14 EPS用トルクセンサの検出方式別シェア(2016年)
図4-15 EPS用トルクセンサのメーカシェア(2016年)
図4-16 EPS用トルクセンサの市場規模予測
図4-17 パナソニック製高精度角度センサ「A3MR」
図4-18 EPSモータ用ポジションセンサの検出方式別シェア(2016年)
図4-19 EPSモータ用レゾルバのメーカシェア(2016年)
図4-20 EPSモータ用ポジションセンサの市場規模予測
図4-21 ステアリングアングルセンサの例
図4-22 ステアリングアングルセンサの検出方式別シェア(2016年、数量ベース)
図4-23 ステアリングアングルセンサのメーカシェア(2016年、数量ベース)
図4-24 ステアリングアングルセンサの市場規模予測
図4-25 コンビネーションスイッチの外観(東海理化)
図4-26 コンビネーションスイッチのメーカシェア(2016年)
図4-27 コンビネーションスイッチの市場規模予測(2016年)

第5章 EPSの開発方向性

表5-1 ASILの定義とASILレベルごとに求められる目標
表5-2 フェイルオペレーショナルなEPSシステム
表5-3 自動運転システムのレベル別世界市場規模予測(2015~2020年)
図5-1 EPS開発の課題と方向性
図5-2 ステアバイワイヤの安全対策(日産自動車)
図5-3 ステアバイワイヤの普及要因と阻害要因
図5-4 クラッチ式SBWシステムの制御概要
図5-5 日本電産のパワーパック
図5-6 日本メーカの内製化・連携状況
図5-7 ジェイテクトのEPSの安全性コンセプトのロードマップ
図5-8 各自動運転レベルで要求されるASILレベル
図5-9 48Vシステム例と移行が検討されるコンポーネント

第6章 主要EPSシステムメーカの最新動向

表6-1 ジェイテクトのステアリング関連の世界生産拠点
表6-2 ジェイテクトのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
表6-3 日本精工のEPS生産拠点
表6-4 日本精工のタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
表6-5 ショーワのEPS世界生産拠点
表6-6 ショーワのタイプ別EPS出荷台数推移
表6-7 KYBのタイプ別EPS出荷台数推移
表6-8 日立AMSのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
表6-9 Boschのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
表6-10 ZF TRWのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
表6-11 Nexteerのタイプ別EPS出荷台数推移
表6-12 ThyssenKrupp Prestaのタイプ別EPS出荷台数推移
表6-13 Mando Corporationのタイプ別EPS出荷台数推移
表6-14 China Automotive Systemsのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-1 ジェイテクトのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
図6-2 ジェイテクトのタイプ別EPS使用領域
図6-3 補助電源システムの概観とシステム構成
図6-4 ハンズオンディレクションの概要
図6-5 日本精工のタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
図6-6 パワーステアリング用シャフト冷間成形技術
図6-7 ショーワのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-8 KYBのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-9 KYBのピニオンアシスト式EPS
図6-10 日立AMSS(日立AMS含む)EPS & EHPS出荷台数推移
図6-11 Boschのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
図6-12 EPSc(左)とEPSdp(右)
図6-13 ZF TRWのタイプ別EPS & EHPS出荷台数推移
図6-14 デュアルピニオンEPS
図6-15 コラムタイプEPS
図6-16 Nexteerのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-17 ThyssenKrupp Prestaのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-18 軽量型コラムEPS
図6-19 Mando Corporationのタイプ別EPS出荷台数推移
図6-20 China Automotive Systemsのタイプ別EPS出荷台数推移

第7章 注目EPSコンポーネントメーカの最新動向

表7-1 TOS/TASの投入年と概要
表7-2 AMRと他方式回転角センサの比較
図7-1 日本電産のEPSモータ出荷台数見通し
図7-2 TASの外観
図7-3 KOSTALのコンビネーションスイッチ

ショートレポート
「2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望」の概要版

価格(税込):1,100円(本体価格 1,000円)
「2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望(2017年発刊、税込143,000円」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全3ページ
掲載内容
OPEN ▼
掲載項目一覧

  1. 市場概況
  2. EPSタイプ別/地域別動向と予測
  3. 主要構成部品の技術動向と予測
掲載図表
  • 図表1. EPS&EHPSのタイプ別世界需要数量予測
  •  ※データ掲載年:2016年(見込)、2017年~2020年(予測)、2025年(予測)
  • 図2. 地域別EPS&EHPS世界需要数量の構成比

※本レポートは、2017年発刊の「2017 電動パワーステアリングシステム市場の最新動向と将来展望」を元に作成しています。