「嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望

価格:330,000円(税別)
「2018年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全305ページ
掲載内容
OPEN ▼

■掲載内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 市場分析編

1.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場概況
  1)市場の定義
  2)栄養療法における嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の位置付け
  3)2018年の最新市場概況
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  4)嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の関連基準
    (1)特別用途食品
    (2)ユニバーサルデザインフード
    (3)スマイルケア食
    (4)嚥下食ピラミッド
    (5)日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013
    (6)黒田留美子式高齢者ソフト食
  5)介護食品の歴史
  6)介護食品の流通構造
  7)日本メディカルニュートリション協議会の活動
  8)地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン
  9)日本栄養支援配食事業協議会(仮称)の設立
2.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場規模推移
  1)嚥下食の市場規模推移(2013~2017年度見込み)
  2)咀嚼困難者食の市場規模推移(2013~2017年度見込み)
  3)介護予防食の市場規模推移(2013~2017年度見込み)
3.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場構成比(2016年度)
  1)製品別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  2)温度帯別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  3)チャネル別
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  4)対象患者別(用途別)
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
4.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食のメーカーシェア
  1)嚥下食の製品別メーカーシェア(2016年度)
    (1)嚥下食全体
    (2)とろみ調整食品
    (3)デザートベース食品
    (4)水分補給ゼリー
    (5)ゲル化剤
  2)嚥下食の温度帯別メーカーシェア(2016年度)
    (1)常温
  3)嚥下食のチャネル別メーカーシェア(2016年度)
    (1)病院・福祉施設
    (2)ドラッグストア
    (3)量販店・スーパー
    (4)通販、その他
  4)咀嚼困難者食の製品別メーカーシェア(2016年度)
    (1)咀嚼困難者食全体
    (2)やわらか食(きざみ食)
    (3)ブレンダー食(ミキサー食)
    (4)その他(形そのまま、ゼリー食等)
  5)咀嚼困難者食の温度帯別メーカーシェア(2016年度)
    (1)常温・レトルト
    (2)冷凍
  6)咀嚼困難者食のチャネル別メーカーシェア(2016年度)
    (1)病院・福祉施設
    (2)ドラッグストア
    (3)量販店・スーパー
    (4)通販、その他
  7)介護予防食のメーカーシェア(2016年度)
5.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の研究開発、生産、流通、販売動向
  1)研究開発動向
    (1)嚥下食(とろみ調整食を含む)
    ①第三世代の次はコストパフォーマンス重視
    ②一般的な基準
    ③色(にごり)、味、臭いの改良
    ④付着性の低減
    ⑤スピード化、少量化
    ⑥コストダウンに向けられた開発
    ⑦ゲル化剤
    ⑧容器の工夫、改良
    ⑨新しい嚥下食メニューの開発
    (2)咀嚼困難者食
    ①主食(おじや、お粥)メニューの開発
    ②栄養バランスの重視(栄養素、野菜の充実)
    ③品揃えの強化
    ④見た目のおいしさを重視したメニュー開発
    ⑤酵素応用やわらか食
    ⑥健常者に近いシルバー向けのメニュー開発
    ⑦冷凍食品、チルド食品などの製品開発
    ⑧味の改良
    ⑨お湯をかけるだけで食べられる即席タイプのおかゆ
    ⑩介護食『らくらく食パン』
    (3)介護予防食
  2)生産動向
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
  3)流通動向(専門卸売企業への販売)
    (1)嚥下食の流通動向
    (2)嚥下食の流通経路
    (3)咀嚼困難者食の流通動向
    (4)咀嚼困難者食の流通経路
    (5)介護予防食の流通動向
    (6)介護予防食の流通経路
  4)販売動向(病院等のサポート動向、給食・在宅配食サービス)
    (1)嚥下食
    (2)咀嚼困難者食
    (3)介護予防食
6.嚥下食、咀嚼困難者食の参入企業製品概況(製品一覧)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
7.製品動向
  1)形状(形態)の改良
  2)添加栄養素の改良
  3)味の改良、見た目のおいしさの追求
  4)食感の改良
  5)食物繊維入り(消化、吸収性の改良)
  6)褥瘡対策
  7)たんぱく質の重要性
  8)冷凍食品タイプの増加
  9)その他
8.価格動向(製品別実勢価格)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
9.新規参入動向
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
10.企業提携動向(専門卸売企業との提携)
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
11.対象患者&ユーザー動向
12.在宅栄養市場&一般家庭市場動向
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
  4)在宅介護市場との相関
    (1)行政施策の今後
    (2)商流、物流の今後
13.市場拡大要因・阻害要因
  1)嚥下食
  2)咀嚼困難者食
  3)介護予防食
14.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の将来展望
  1)嚥下食の将来展望
  2)嚥下食の市場規模予測(2018~2022年度)
  3)咀嚼困難者食の将来展望
  4)咀嚼困難者食の市場規模予測(2018~2022年度)
  5)介護予防食の将来展望
  6)介護予防食の市場規模予測(2018~2022年度)

第Ⅱ章 参入企業個別実態調査編(25社)

アサヒグループ食品株式会社
  ~介護食群は『WAKODO』から『Asahi』へブランド一新~
旭松食品株式会社
  ~業務用・在宅用カットグルメ、「おいしい」介護食を目指す~
イーエヌ大塚製薬株式会社
  ~摂食回復支援食「あいーと®」39種、在宅需要が8割~
キッセイ薬品工業株式会社
  ~医療食・介護食に注力、堅調な伸び~
キユーピー株式会社
  ~在宅向け『やさしい献立』に強味、更に営業強化~
株式会社クリニコ
  ~「Morinaga」ブランドで、一般流通チャネルを開拓~
株式会社シニアライフクリエイト
  ~すべてはご高齢者のために“向こう三軒両隣のちょっとおせっかいな弁当屋”~
株式会社シルバーライフ
  ~普通食の拡大と共に伸張する介護食~
大和製罐株式会社
  ~『エバースマイル』の「ムース食」「とろみ飲料」で介護分野へ参入~
日清医療食品株式会社
  ~ご高齢者から介護する全ての人の手助けになる商品開拓へ~
日本水産株式会社
  ~介護食は業務用に特化、給食会社へ納入~
ニュートリー株式会社
  ~乳酸菌「E.フェカリス」配合の「ブイ・クレスBIO」を発売~
林兼産業株式会社
  ~「ソフミート」のレシピ、調理法、摂食法が販促の鍵~
株式会社ファイン
  ~水分補給用ゼリー「イオンドリンクゼリー」が好調~
フジッコ株式会社
  ~業務用から在宅商材の展開へ~
ヘルシーフード株式会社
  ~自社企画商品の主力はとろみ調整食品~
株式会社ベスト
  ~ソフト食『まろやか食専科』は月間17万食~
株式会社北洋本多フーズ
  ~凍結含浸法による「やわらか食」の在宅向け通販を開始~
ホリカフーズ株式会社
  ~開発は新潟大学歯学部や食系卸と協力~
株式会社マルハチ村松
  ~『煮こごり』をリニューアル、電子レンジ対応へ~
マルハニチロ株式会社
  ~“メディケア食品”さらなる飛躍へ、商品をブラッシュアップ~
三島食品株式会社
  ~素材シリーズの拡充、調理現場の需要高い~
株式会社明治
  ~嚥下食の強化・売上は堅調に推移~
株式会社ヤヨイサンフーズ
  ~やわらか食「ソフリ」をAmazonでも販売~

 

ショートレポート
「2018年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望(2018年発刊、税別330,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 一般での認知度上がる嚥下食市場
 咀嚼困難者食品は店頭、通販が市場成長
 今後が大いに期待される介護予防食

3.注目トピック
  高齢者・患者における摂食・嚥下機能の意義について ※1
  農林水産省が普及推進するスマイルケア食
  地域高齢者等の健康支援を推進する配食事業の栄養管理に関するガイドライン


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 図1.嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食の市場規模推移と予測 ※1

※本レポートは、2018年発刊の「2018年版 嚥下食、咀嚼困難者食、介護予防食に関する市場実態と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です