「EC決済サービス市場に関する調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測

価格:150,000円(税別)
「2018年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全203ページ
掲載内容
OPEN ▼

■掲載項目

調査のポイント

第Ⅰ章 総論

1.市場概況、実態
  1.1.市場概況
  1.2.市場規模
  1.3.オンライン決済サービスプロバイダー市場
    1.3.1.改正割賦販売法への対応
    1.3.2.ECサイト支援事業と決済事業の相乗効果
    1.3.3.新領域への展開と対面取引の拡大
  1.4.オンライン決済におけるFinTech系スタートアップの動向
  1.5.後払い決済サービス市場
2.外部環境
  2.1.東京オリンピックをはじめとした大規模イベントの開催
  2.2.改正割賦販売法の概要
    2.2.1.概要
    2.2.2.措置事項の概要
    2.2.3.施行期日
    2.2.4.改正のポイント①:加盟店におけるセキュリティ対策の義務化
    2.2.5.改正のポイント②:カード番号等取扱契約締結事業者の登録
    2.2.6.改正のポイント③:加盟店調査等の義務
    2.2.7.改正割賦販売法に対する附帯決議(概要)
  2.3.クレジット取引セキュリティ対策協議会と「実行計画」
    2.3.1.クレジット取引セキュリティ対策協議会とは
    2.3.2.「実行計画」における対策
    2.3.3.カード情報漏洩対策①:カード情報の非保持化
    2.3.4.決済専用端末連動型・ASP/クラウド接続型(外回り方式)
    2.3.5.ASP/クラウド接続型(内回り方式)
    2.3.6.EC加盟店の非保持化策:非通過型
    2.3.7.カード情報漏えい対策②:PCIDSS準拠
    2.3.8.不正使用防止対策(カード及び決済端末のIC対応化)
    2.3.9.本人確認方法
    2.3.10.IC取引にかかるインフラ整備
3.将来展望
  3.1.オンライン決済サービスプロバイダー市場予測
  3.2.展望

第Ⅱ章 分野別の動向

1.EC市場の現状と将来予測
  1.1.EC市場規模推移
  1.2.ECにおける決済サービス別の市場規模とシェア(2016年度)
  1.3.決済サービス別の動向
    1.3.1.クレジットカード決済
    1.3.2.代引き
    1.3.3.コンビニ決済
    1.3.4.キャリア決済
    1.3.5.プリペイド決済
    1.3.6.その他(銀行振込、ネットバンキング、デビット決済など)
  1.4.大手ECモールの動向
    1.4.1.楽天の動向
    1.4.2.ヤフーの動向
    1.4.3.Amazonの動向
  1.5.EC市場規模予測(2016年度~2022年度予測)
2.EC決済サービス市場の現状と将来予測
  2.1.市場概況
    2.1.1.市場動向
    2.1.2.主要な参入企業
  2.2.オンライン決済サービスプロバイダーの流通総額推移
  2.3.オンライン決済サービスプロバイダーの流通額(ECのみ)
  2.4.主要オンライン決済サービスプロバイダーの実績
    2.4.1.取扱高推移とシェア(流通額:2016年度~2017年度見込み)
    2.4.2.営業収益推移(2016年度~2017年度見込み)
    2.4.3.決済件数
    2.4.4.加盟店数
  2.5.主要決済代行業者の動向と戦略
  2.6.決済サービスの特徴
    2.6.1.主要EC決済サービス提供事業者の決済方式
    2.6.2.決済サービス拡充に関する取組み
    2.6.3.ECにおける重点分野と加盟店拡大のための取組み
    2.6.4.リアル展開に向けた取組み
    2.6.5.割賦販売法の改正に伴うシステム投資の動向
    2.6.6.FinTech関連サービスに関する取組み、見解
    2.6.7.将来展望
    2.6.8.課題
    2.6.9.主要決済代行業者のサービス動向
    2.6.10.主要決済代行業者のシステムやサービスの対応状況①
    2.6.11.主要決済代行業者のシステムやサービスの対応状況②
  2.7.市場予測
    2.7.1.オンライン決済サービスプロバイダーの流通総額予測
    2.7.2.流通額(eコマースのみ)予測
3.オンラインにおけるFINTECH系スタートアップの動向
  3.1.オンラインにおける新決済サービスの概況
  3.2.主たる新決済サービス提供事業者の動向
    3.2.1.SPIKEの概況、取組状況
    3.2.2.Stripeの動向
    3.2.3.モバイル・キャリアビリング・アグリゲーターbokuの動向
    3.2.4.後払い決済サービスPaidyの動向
    3.2.5.OmiseJapanのOmisePayment
    3.2.6.BASEが提供するPAY.JP
  3.3.将来展望
    3.3.1.市場予測
4.後払い決済サービス市場
  4.1.後払い決済サービス市場概況
  4.2.参入企業と資本提携の状況
    4.2.1.参入企業の動向
    4.2.2.独立系事業者は資本提携実施により拡大へ
  4.3.参入企業の特徴、差別化要因、主要提携先などの状況
    4.3.1.通信事業者の特徴・強み
    4.3.2.インターネット事業者の特徴・強み
    4.3.3.物流事業者の特徴・強み
    4.3.4.信販事業者の特徴・強み
  4.4.後払いサービス提供事業者の提携先の状況
  4.5.ビジネスモデル比較
  4.6.市場規模推移
  4.7.事業拡大のための取組み
  4.8.後払い決済サービス市場予測(取引金額:2017年~2022年度)

第Ⅲ章 個別企業の実態

1.GMOペイメントゲートウェイ
2.ソフトバンク・ペイメント・サービス
3.ヤマトフィナンシャル
4.佐川フィナンシャル
5.デジタルガレージ フィナンシャルテクノロジー・セグメント(ベリトランス/イーコンテクスト)
6.ソニーペイメントサービス
7.ペイジェント
8.ゼウス
9.ネットプロテクションズ
10.ユニヴァ・ペイキャスト
11.ROBOT PAYMENT
12.ルミーズ
13.キャッチボール
14.エクスチェンジコーポレーション(PAIDY)
15.SPIKE
16.STRIPE
17.BOKU NETWORK SERVICES, INC

ショートレポート
「2018年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測(2018年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 クレジットカードが市場をけん引
 コンビニ後払いのマーケットの拡大

3.注目トピック
  新決済サービスの拡大 ※1
  B to B領域の拡大


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • EC決済サービス市場規模推移と予測 ※1
  • 電子商取引(BtoC)における決済サービス別シェア(2016年度)

※本レポートは、2018年発刊の「2018年版 オンライン決済サービスプロバイダーの現状と将来予測」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です