「生命保険領域における国内InsurTech市場に関する調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望

価格:180,000円(税別)
「2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全321ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 総論

1.生命保険会社におけるInsurTechとは
2.InsurTech市場概況 ――FinTechとの比較
  2.1.外部環境
    (1)法整備:InsurTechの発展に立ちふさがる大きな障壁
    (2)支援環境:InsurTechの発展に向けた支援体制は構築真っ最中
    (3)技術面
  2.2.内部環境
3.健康増進型保険の開発が活発化、将来的には疾病管理プログラムやエコシステム構築へと競争軸が移行
    (1)健康増進型保険
    (2)疾病管理プログラム(Disease Management Program)
    (3)将来的に疾病管理プログラムやエコシステム構築へ競争軸がシフトと予測
4.InsurTechにおけるAI/RPAの活用状況
    (1)生命保険会社におけるAI活用状況
    (2)SIer/専業ベンダーにおけるAI活用状況
    (3)InsurTechベンチャー企業各社のAI活用状況
5.ブロックチェーンに関する動向
    (1)ブロックチェーンの概要
    (2)主たるブロックチェーン技術に関する国際団体の動向
    (3)主たるブロックチェーン技術に関する国内団体の動向
    (4)ブロックチェーンに関する生命保険会社の見解・活用状況
    (5)生命保険会社におけるブロックチェーン活用に関するベンダー側の見解
    (6)iChain社が手掛ける保険分野におけるブロックチェーン活用
    (7)中国平安(Ping An)保険が取組む5つのコア・テクノロジー
6.金融APIの公開に関する動向と生命保険会社の見解
    (1)APIの概要
    (2)スクリーンスクレイピングとAPIのメリット/デメリット
    (3)APIの公開に関する生命保険会社の動向
    (4)justInCaseが手掛けるAPI経由での保険商品の提供
7.国内InsurTech市場規模予測(2016年度~2021年度)
  7.1.生命保険会社のIT市場規模推移予測
  7.2.国内InsurTech市場規模推移予測
    (1)国内InsurTech市場規模予測
    (2)注目される動向
  7.3.健康増進型保険および疾病管理プログラム関連市場規模推移予測
    (1)健康増進型保険および疾病管理プログラム関連市場規模推移予測
    (2)注目される動向

第2章 生命保険会社の実態と取組み

1.生命保険会社の実態と取組み
  1.1.国内生命保険会社の取組み状況
    (1)国内生命保険会社における経営概況
    (2)InsurTechに関する事業戦略
    (3)取組み概要
    (4)ベンチャー企業との協業および出資の可能性
    (5)AI/RPAおよびブロックチェーンの活用状況
    (6)今後の取組み
    (7)課題
  1.2.外資系生命保険会社の取組み状況
    (1)InsurTechに関する事業戦略――payer to partner
    (2)取組み概要
    (3)ベンチャー企業との協業および出資の可能性
    (4)今後の取組み
  1.3.ネット生命保険会社の取組み状況
    (1)InsurTechに関する概況
    (2)取組み概要
    (3)ベンチャー企業との協業および出資の可能性
2.少額短期保険の実態と取組み
    (1)概要
    (2)生命保険会社との違い
    (3)少額短期保険の強み・特徴
    (4)健康増進型保険に関する取組み
    (5)保険会社やベンチャー企業などとの協業可能性
    (6)InsurTechに関する今後の取組み、課題

第3章 SIer(システムインテグレータ)/専業ベンダーの実態と取組み

1.SIerの取組み状況
    (1)InsurTechに関するスタンス/事業戦略
    (2)取組み概要
      ・自社ソリューションを活用し生命保険会社を総合的にサポート
      ・共同研究+自社ソリューションの提供
      ・イベントの開催+自社ソリューションの提供
      ・イベントや共同研究を通じて自社ソリューションを提供
    (3)協業や提携、出資に対するスタンス
      ・自社ソリューションを活用し生命保険会社を総合的にサポート
      ・イベントの開催+自社ソリューションの提供
      ・イベントや共同研究を通じて自社ソリューションを提供
    (4)今後の取組みと課題
2.専業ベンダーの取組み状況
    (1)事業戦略
      ①営業効率化
      ②データ収集・分析(健保組合側/病院・診療所側)
      ③査定データベース
      ④支払業務の自動化
    (2)取組み概要
      ①営業効率化
      ②データ収集・分析(健保組合側/病院・診療所側)
      ③査定データベース
      ④支払業務の自動化
    (3)生命保険会社などとの協業可能性
      ①営業効率化
      ②データ収集・分析(健保組合側/病院・診療所側)
      ③査定データベース
    (4)今後の取組みと課題
      ①データ収集・分析(健保組合側/病院・診療所側)
      ②査定データベース

第4章 海外のInsurTech動向

1.主要InsurTechベンチャー企業の動向
    (1)ポピュレーション・アプローチ
    (2)ハイリスクカテゴリー向けアプローチ――Noom社
    (3)その他――P2P保険

第5章 領域別での実態と取組み

1.パーソナライズ化された(健康増進型)保険商品の開発
    (1)保険商品のパーソナライズ化
    (2)主要参入事業者の強み
    (3)ビジネスモデル
    (4)取組み状況
    (5)生命保険会社などとの協業可能性
    (6)今後の取組み
2.疾病管理プログラム
    (1)概要
    (2)主要参入事業者の強み
    (3)ビジネスモデル
    (4)取組み状況
    (5)生命保険会社などとの協業可能性
    (6)今後の取組み
    (7)課題
3.AIやチャットボットなどを活用した保険見直しコンサルティングや保険相談サービス、保険営業支援サービス
    (1)概要
    (2)主たる活用事業者
    (3)取組み状況
4.AIを活用したアンダーライティング(引受査定)の自動化
    (1)概要
    (2)主たる活用事業者
    (3)取組み状況
    (4)導入メリット
5.受診勧奨から受診、異常告知を受けた場合における診療までのトラッキング
    (1)概要
    (2)主たる事業者
    (3)ビジネスモデル
    (4)取組み状況
    (5)生命保険会社などとの協業可能性
6.契約者および契約者の家族向けアフターサービス
    (1)概要
    (2)主たる事業者
    (3)取組み状況
    (4)導入メリット
7.AIやBRMSなどを活用した支払査定の自動化
    (1)概要
    (2)主たる事業者
    (3)取組み状況
    (4)導入メリット
    (5)AIと併せて査定データベースの導入進む
8.インフラとしてのブロックチェーンの活用
    (1)概要
    (2)主たる事業者
    (3)ビジネスモデル
    (4)取組み状況

第6章 個別企業の実態

<生命保険会社>
1.アクサ生命保険
2.アフラック生命保険
3.エヌエヌ生命保険
4.住友生命保険(“住友生命「Vitality」”)
5.第一生命保険
6.明治安田生命保険
7.楽天生命保険
8.中国平安(Ping An)保険
<少額短期保険会社>
9.アイアル少額短期保険
10.健康年齢少額短期保険
<ITベンダー>
11.日本マイクロソフト
12.明治安田システム・テクノロジー(医療査定なび®)
13.メディカル・データ・ビジョン
<その他事業者>
14.ドコモ・ヘルスケア
15.RIZAP
<InsurTechベンチャー企業>
16.iChain
17.justInCase
18.DeSCヘルスケア
19.Noom Japan
20.ヘルスビット
21.ユカシカド
<自治体>
22.神奈川県庁
23.松本市役所

ショートレポート
「2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望(2018年発刊、税別180,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 AIやRPAによる業務の効率化などが市場をけん引。今後はAPIの公開によるタッチポイントの強化に期待

3.注目トピック
  健康増進型保険や疾病管理プログラムの開発が活発化、保険を軸としたエコシステムも登場 ※1
  健康増進を軸としたエコシステムの行方に注目


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内InsurTech (インシュアテック)市場規模推移予測 ※1
  • 健康増進型保険および疾病管理プログラムに関する市場規模推移(2016年度~2018年度見込み、億円)

※本レポートは、2018年発刊の「2018 生命保険会社におけるInsurTech市場の実態と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です