「地域エネルギーマネジメント事業に関する調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望

価格:150,000円(税別)
「2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全155ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 地域エネルギーマネジメント事業の現状

1.地域エネルギーマネジメント事業の定義
  (1)自営線による電力供給
  (2)特定供給の規制緩和
2.スマートコミュニティプロジェクト
  (1)経済産業省プロジェクト
  (2)環境省プロジェクト
  (3)その他のプロジェクト
3.地域エネルギーマネジメント事業の特徴
4.地域エネルギーマネジメント事業の市場規模

第2章 有力事業・事業者の取り組みと戦略分析

1.地域エネルギーマネジメント事業
  (1)青森県エコ・レジリエンスパーク
  (2)矢巾町マイクログリッド
  (3)北上市あじさい型スマートコミュニティ
  (4)F-グリッド(トヨタ自動車)
  (5)東松島みらい都市機構
  (6)新地町スマートコミュニティ
  (7)そうまIグリッド(IHI)
  (8)宇都宮清原工業団地
  (9)柏の葉スマートシティ(三井不動産)
  (10)サミット美浜パワー
  (11)むつざわスマートウェルネスタウン
  (12)横浜スマートシティ
  (13)FUJISAWA SST,Tsunashima SST(パナソニック)
  (14)浜松版スマートシティ
  (15)周南市コンビナート電力利活用
  (16)春日ブルーエナジー
  (17)ひおき地域エネルギー
2.コンサルティング・エンジニアリング事業者
  (1)パシフィックパワー
  (2)NTTファシリティーズ

第3章 地域エネルギーマネジメント事業の将来展望

1.事業課題と将来展望
  (1)需要側の整備
  (2)自治体主導と補助金の適用
  (3)電力マイクログリッドの低コスト化
2.市場規模推移予測

ショートレポート
「2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望(2018年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 地域エネルギーマネジメント事業の特徴

3.注目トピック
  特定供給の規制緩和により市場が立ち上がる ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 地域エネルギーマネジメント事業における設備・システム構築市場規模推移・予測 ※1

※本レポートは、2018年発刊の「2018 地域エネルギーマネジメント事業の実態分析と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です