「オーガニック食品市場に関する調査を実施(2018年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望

価格:150,000円(税別)
「2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全183ページ
掲載内容
OPEN ▼

第Ⅰ章 オーガニック食品に関する行政動向とトピックス

1.オーガニック食品に関する行政動向
  (1)オーガニック(有機)食品の検査認証制度
    ①制度創設の経緯
    ②制度の仕組み
  (2)オーガニック(有機)食品の日本農林規格
    ①有機農産物の日本農林規格
    ②有機加工食品の日本農林規格
  (3)オーガニック(有機)食品の輸出入について
  (4)日本における有機ほ場及び有機農産物について
  (5)オーガニック(有機)食品に関する2018年度予算の概要
2.オーガニック食品に関するトピックス
  (1)オーガニック食品の市場規模推移とカテゴリ別構成比(2017年)
  (2)オーガニック食品の需要家調査結果概要
  (3)オーガニック食品の利用動向
   ~レストラン&カフェ、コンビニから“オーガニック”を当たり前に~
  (4)オーガニック食品の輸出動向
   ~日本オリジナルの食品開発で差別化を~

第Ⅱ章 オーガニック農産物の市場動向

1.オーガニック農産物の生産・加工業者動向
  (1)参入経緯と有機JAS規格に関する取り組み
  (2)商品動向
  (3)営業・販売動向とユーザーニーズ
2.オーガニック農産物の流通業者動向
  (1)参入経緯
  (2)商品動向と有機JAS規格に関する取り組み
  (3)営業・販売動向とユーザーニーズ
3.オーガニック農産物の市場概況(市場規模推移と予測)
4.現状の課題・問題点
5.今後の事業の方向性と市場拡大に向けた取り組み

第Ⅲ章 オーガニック加工食品の市場動向

1.オーガニック加工食品の市場概況とメーカー動向
  (1)市場規模推移
  (2)カテゴリ別の動向
    ①酒類
    ②飲料
    ③畜産加工品
    ④農産加工品
    ⑤麺類
    ⑥調味料類
    ⑦冷凍食品
    ⑧その他
2.オーガニック加工食品の流通業者動向
3.現状の課題・問題点
4.市場予測と将来展望

第Ⅳ章 オーガニック食品の需要動向(需要家調査)

1.調査概要
  調査期間
  調査内容(設問)
  回答属性
2.調査結果
  オーガニック食品(農産物、加工食品等)の取り扱い/使用状況
  (1)オーガニック食品の取り扱い/使用業者
    ①食品全体に占めるオーガニック食品の割合
    ②オーガニック食品の近年の傾向
    ③主なオーガニック食品の種類
    ④主なオーガニック食品の国内産/海外産の割合
    ⑤オーガニック食品を取り扱い/使用する上での課題・問題点
  (2)全事業者
    ①オーガニック食品を取り扱い/使用する、取り扱わない/使用しない理由
    ②オーガニック食品の今後の取り扱い/使用意向
    ③オーガニック食品に関する意見

第Ⅴ章 参入企業の個別動向(21社)

オーサワジャパン
~マクロビオティックの普及啓発に取り組む~

金沢大地
~2018年秋、レストラン併設の醸造所をオープン 消費者視点での商品開発を強化~

クレヨンハウス
~これまで培ってきたノウハウを活かして、オーガニックレストランの普及に尽力~

坂ノ途中
~農薬や化学肥料に依存しない新規就農を支援 “百年先も続く、農業を。”~

桜井食品
~有機農産物を使用した麺類や小麦粉の製造販売を国内外で展開~

サラダコスモ
~国内オーガニック野菜の認知度アップに向けてPR強化に取り組む ~

自然農法販売協同機構
~無農薬栽培の先駆者として本質的な有機農産物市場の成長に貢献~

創健社
~「ジロロモーニ」をはじめとしたオーガニック食品を展開~

TANABE FARM
~有機農業での創業から半世紀を迎え、新たなスタートを切る~

ハルカインターナショナル
~有機JAS認証キノコから砂漠緑地化へ壮大なスケールのビジネスに挑む~

ビオセボン・ジャポン
~2016年に市場参入~

ビオ・マーケット
~オーガニック野菜を食卓に届けて30年 「ビオ・マルシェの宅配」~

光食品
~有機ソースのパイオニア 国産原料・無添加にこだわって海外展開を加速~

ひかり味噌
~好調な販売が続く国内オーガニック味噌市場のトップランナー~

久松農園
~鮮度・旬・美味しい品種にこだわり、BtoCの直販モデルを構築~

ポランオーガニックフーズデリバリ
~オーガニック&ナチュラル食品の会員制宅配サービス「ポラン広場の宅配」を運営~

マヴィ
~日本初のオーガニックワイン専門店~

ミトク
~2017年発売の「ベビービオ」ベビースムージーの販売好調~

むそう商事
~輸出をはじめオーガニック事業は拡大~

ライフコーポレーション
~オーガニックをもっと身近に 新業態「ビオラル」が提案する新しいスーパーの形~

楽天
~CSAとITを組み合わせた契約栽培サービス「Rakuten Ragri(ラグリ)」がスタート~

ショートレポート
「2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望(2018年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。
詳細な内容は掲載されていませんが、右記書籍のサンプル版として、または、入門的な情報として活用できる内容です。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 農産物市場、加工食品市場の動向

3.注目トピック
  オーガニック食品(農産物、加工食品等)の取り扱い/使用状況 ※1
  業態別の取り扱い/使用状況
  取り扱い/使用している主なオーガニック食品の種類


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • オーガニック食品市場規模推移と予測 ※1
  • 需要家のオーガニック食品の取り扱いおよび使用状況 ※1
  • 取り扱い/使用している主なオーガニック食品の種類

※本レポートは、2018年発刊の「2018年版 オーガニック食品市場の現状と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です