「レーザー照明世界市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2018年版 レーザー照明市場の現状と展望

価格:150,000円(税別)
「2018年版 レーザー照明市場の現状と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全106ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 レーザー照明市場の現状と展望

レーザー照明市場の現状と展望
 直進性に終始するアプリケーションから脱し
 LEDとのマッチアップでスマート照明へ向かえ

1.レーザー照明市場の現状と展望
 未来を照らす「あかり」の台頭
  10年で約8倍の2兆円越え市場へ
  表.レーザー照明アプリケーションの一例及び特徴
  表.半導体レーザー(照明用途)とLEDの特徴比較
 将来に向けた三位一体の取り組みが実を結ぶ
  表.アプリケーション別レーザー照明市場規模推移と予測
  図.レーザー照明の市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
  表.アプリケーション別レーザー照明市場シェア推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
  図.アプリケーション別レーザー照明市場規模シェア推移と予測
  (2015-2025年、数量)
  図.アプリケーション別レーザー照明市場規模シェア推移と予測
  (2015-2025年、金額)

第2章 アプリケーション別レーザー照明市場の現状と展望

アプリケーション別レーザー照明市場の現状と展望
 成長要素は特長の差別化
 +αの付加価値で次世代照明デバイスへ行き着く

1.ヘッドライト
  早期に立ち上がるも伸び悩むが2021年以降概念を変える存在として急成長
  表.半導体レーザーヘッドライトユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.半導体レーザーヘッドライトユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
2.プロジェクター
  システムユースで市場を牽引
  単価の下落以上に数量を増加できるかが市場成長のカギ
  ユース別で普及の差こそあるが学ぶべきモデルケース多数
  表.半導体レーザープロジェクターユニット用途別市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率、シェア)
  図.半導体レーザープロジェクターユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
  図.半導体レーザープロジェクターユニット用途別数量シェア推移と予測
  (2015-2025年、数量)
  図.半導体レーザープロジェクターユニット用途別金額シェア推移と予測
  (2015-2025年、金額)
3.テレビ
  特徴のミスマッチ4K・8Kトレンドも加わり微減
  表.テレビ向け半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.テレビ向け半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
4.家庭用照明
  垣間見える普及の兆しスマート化でマイナススタートを払拭
  表.半導体レーザー家庭用照明ユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.半導体レーザー家庭用照明ユニット市場規模推計と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
5.業務用照明
  公器の割合高く粛々と進む
  表.半導体レーザー業務用照明ユニット市場規模推移と予測
  (2105-2025年、数量、金額、成長率)
  図.半導体レーザー業務用照明ユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
6.ヘッドアップディスプレイ(HUD)
  車内の超過密地域で光る1/10のコンパクト性能
  表.半導体レーザーHUDユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.半導体レーザーHUDユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
7.ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
  半導体レーザーの採用は一機種のみだが、ロービジョンにとっては偉大な一歩
  表.主なHMDの概要
  表.HMD光源の特徴比較
  表.HMD用半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.HMD用半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
8.その他
  直進性が評価され安定市場を一歩ずつ進む
  表.その他アプリケーションにおける半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (2015-2025年、数量、金額、成長率)
  図.その他アプリケーションにおける半導体レーザーユニット市場規模推移と予測
  (20152025年、数量、金額)

第3章 各要素部品市場の現状と展望

各要素部品市場の現状と展望
 単体ではなく双方よりそった成長で相互利益をもたらせ

1.レーザー光源パッケージ~モジュールの市場トピック
  使用数とその制御方法が光源設計の要
  市場成長と共に半導体レーザーメーカーによるモジュール化も進む
  表.半導体レーザー光源モジュールの種類と概要(価格・制御方式・概観)
  表.半導体レーザー搭載アプリケーションにおける光源の色数一例
2.蛍光材料市場と動向
  半導体レーザー市場に欠かせない存在として共に成長
  図.照明領域における主要蛍光材料を取り巻くプレーヤー相関図の一例
  表.半導体レーザーアプリケーション向け蛍光材料市場規模推計と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
  図.半導体レーザーアプリケーション向け蛍光材料市場規模推計と予測
  (2015-2025年、数量、金額)
3.光源企業トピック
  「Light is OSRAM」と称され長年の自社研究製造から揺るがない実績
  品質と供給能力でタイムリーに必要な“あかり”を供給
  世界初となる半導体レーザーヘッドライト量産車へ採用

第4章 レーザー照明市場関連プレーヤーの動向

市光工業株式会社
 パイオニア精神のシナジー効果でプレゼンスを上げ新たな付加価値を育む
 100年以上の歴史が創るエビデンスを掲げValeoグループ傘下で研究開発ペースアップ
 表.Valeo主な日本国内グループ一覧
 市場ニーズの高まりに即応する形で半導体レーザー遠方照射アシストの実用化を前倒し
 図.ヘッドライトのADB機能による防眩イメージ
 オールインワン標準型LED光源ユニット「MonoLED」がより高い汎用性と放熱性を発揮
 図.「MonoLED」概観図
 ヘッドライトの高機能化による大型重量化と差別化による小型軽量化の水掛け論に
 半導体レーザーで幕引きを果たす
 自動車自身への認識が様変わりし、変化する様々な照明ニーズにValeoと共に応える

国立大学法人京都大学
 次世代レーザー研究の雄
 来るべき超スマート社会に対してフォトニック結晶を鍛え上げ産業化へ
 1999年に世界で初めて発明されたフォトニック結晶レーザーは
 応用アプリの拡大フェーズ
 図.フォトニック結晶レーザーの構造図
 レンズ不要の直進性と産業応用への高い適性をさらにブラッシュアップ
 図.従来型半導体レーザーとVCSEL、フォトニック結晶レーザーの
 ビームパターン比較図
 従来レーザーにはできない光源単体での直進性と射出方向の制御
 表.フォトニック結晶レーザーの特徴一例

シャープ株式会社
 RGBを唯一単独供給可能なベテランルーキーとして第一線に躍り出る
 半導体レーザーRGB3色対応可能な唯一無二の存在
 量産化でシェアの大転換も
 表.シャープが想定する各アプリケーションに搭載される半導体レーザー光源数と
 得られる特長
 セット化光源を活用して低消費電力化の先頭に立つ
 図.セット化光源によるメリット(光はみ出し無駄の違い)
 約60年培ったノウハウを凝縮して得られた低出力半導体レーザー
 待ち望まれた緑色半導体レーザーで拡がる用途
 共存する規制と可能性のパワーバランス
 図.半導体レーザー光源の規制と可能性のイメージ
 赤色半導体レーザーの温度特性向上と市場形成スピードUP
 二つの課題を技術・用途開発で乗り越える

ソニービジネスソリューション株式会社
 世界初の半導体レーザー光源の液晶プロジェクターを市場投入した先駆者
 全方位向けラインアップと揺るがないブランドプレゼンスでシェアアップへ
 ソニーグループの効率を追求した体制であらゆる顧客層へリーチ
 表.ソニーグループの国内プロジェクター販売担当企業、区分等一覧
 世界初半導体レーザー光源モデルは従来モデル比で起動時間1/10以下、
 光源寿命6倍以上
 性能要望に対応し尽くした映像プロダクツは全方位型ラインアップ
 図.画面サイズと光束別の映像プロダクトラインアップイメージ

株式会社タムラ製作所
 300℃対応可能な「YAG単結晶蛍光体」で超高輝度・ハイパワー領域をサポート
 超高輝度・ハイパワー半導体レーザー照明向け蛍光体は
 特許に加え材料と製法にノウハウ有り
 他の蛍光体が機能低下する300℃でも室温と同じ性能を発揮
 図.従来の焼結YAG粉末蛍光体とYAG単結晶蛍光体との温度-内部量子効率の比較図
 産業機器向け超高輝度光源で活用され半導体レーザーの普及発展をバックアップ
 図.同社YAG単結晶蛍光体がターゲットとしている照明デバイスの領域イメージ

日本電気硝子株式会社
 ガラスの無限の可能性を引き出し成就した、波長変換部材「ルミファス®」
 特殊ガラス一筋70年で独自製品をハイペースで開発
 図.ガラスロールの外観
 図.ガラスリボンの外観
 均一な蛍光体の分散を可能にした新しい波長変換部材“ルミファス®”
 図.ルミファス®(蛍光体ガラス)の外観

三菱ケミカル株式会社
 半導体レーザーの普及で蛍光体外販トップメーカーとして用途拡大のチャンス
 蛍光体トップメーカーは高評価の赤色蛍光体をかざし世界へ供給
 どんな光源にも対応可能なラインアップで陣を敷く
 表.同社の主な製品ラインアップ
 クロスライセンスを徹底管理し常勝
 図.同社の窒化物系赤色蛍光体のクロスライセンス合意関係
 NIMSと共にレーザー対応可能な赤色を伸長
 可視光だけでなく非可視光まで貪欲に波長域を拡大へ

株式会社QDレーザ
 レーザーと光学の先進技術で結実したアイウエア
 世界初の製品化だけでなく医療、倉庫業務、エンタメ、ITへ展開も
 網膜走査型ヘッドマウントディスプレーイ(HMD)の世界初商品化
 光を操り“みえる”を提供
 表.同社受賞歴およびNEDOプロジェクト一例
 図.同社とMERITコンソーシアム関連プレーヤーや用途、対象のイメージ
 ベンチャーだからこそとれる体制
 一気通貫設計&ニーズ柔軟対応
 VISIRIUM®テクノロジーを応用し市販化、医療機器へ展開
 図.網膜に直接画像投影する新技術「VISIRIUM®テクノロジー」の模式図
 QDのレーザー光の普及促進で60万人が求める光となる

ショートレポート
「2018年版 レーザー照明市場の現状と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2018年版 レーザー照明市場の現状と展望(2019年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 HMDには半導体レーザーの採用は一機種のみだが、ロービジョンの人々にとっては偉大な一歩
 プロジェクターはシステムユースで市場を牽引
 垣間見える普及の兆し、家庭用照明はマイナススタートを払拭せよ

3.注目トピック
  HMD光源での半導体レーザー採用が進展 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • レーザー照明世界市場規模推移と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2015~2018年、2019年~2025年予測

※本レポートは、2019年発刊の「2018年版 レーザー照明市場の現状と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です