「インターネット広告市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019 インターネット広告市場の実態と展望

価格:180,000円(税別)
「2019 インターネット広告市場の実態と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全154ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第Ⅰ章 総論

1.インターネット広告市場概況
2.インターネット広告市場規模推移
 2.1 インターネット広告総市場規模(2016 年度~2019 年度見込)
 2.2 PC /スマートフォン別広告市場規模(2016~2019 年度見込)
 2.3 広告種類別市場規模推移(2016 年度~2019 年度見込)
  2.3.1 運用型広告/非運用型広告市場規模推移(2016 年度~2019 年度見込)
  2.3.2 ディスプレイ/サーチ別運用型広告市場推移(2016~2019 年度見込み)
  2.3.3 広告種類別ディスプレイ市場推移(2016~2019 年度見込み)
  2.3.4 Google/ヤフー別サーチ市場規模推移(2016~2019 年度見込み)
  2.3.5 動画広告市場規模推移(2016 年度~2019 年度見込)
  2.3.6 インフィード広告市場規模推移(2016 年度~2019 年度見込)
3.インターネット広告の概要
 3.1 インターネット広告の歴史
 3.2 インターネット広告の分類
4.ビジネスモデル分類
 4.1 メディア/プラットフォームのビジネスモデル
 4.2 インターネット広告代理店/メディアレップのビジネスモデル
 4.3 アドテク事業者のビジネスモデル
 4.4 アドベリフィケーション事業者のビジネスモデル
5.インターネット広告市場規模予測
 5.1 インターネット広告総市場規模予測(2020~2023 度予測)
 5.2 PC/スマートフォン別広告市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
 5.3 広告種類別市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
  5.3.1 運用型広告/非運用型広告市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
  5.3.2 ディスプレイ/サーチ別運用型市場規模予測(2020~2023 年度予測)
  5.3.3 広告種類別ディスプレイ市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
  5.3.4 Google/Yahoo 別サーチ市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
  5.3.5 動画広告市場規模予測(2020 年度~2023 年度予測)
  5.3.6 インフィード広告市場規模予測(2020 度~2023 年度予測)

第Ⅱ章 インターネット広告関連企業の動向

1.主要インターネット広告代理店/メディアレップの実態と戦略
 1.1 主要事業者の事業概況
  1.1.1 事業概況
  1.1.2 ADK マーケティング・ソリューションズの事業概況
  1.1.3 オプトの事業概況
  1.1.4 サイバーエージェントの事業概況
  1.1.5 電通デジタルの事業概況
  1.1.6 メディックスの事業概況
 1.2 主要事業者の特徴/強み/差別化のポイント
 1.3 主要事業者の事業課題
 1.4 主要事業者の取扱い広告の状況と見解
 1.5 主要事業者の取扱いメディアの状況と見解
 1.6 主要事業者の注力している取組みと今後の事業展開の方向性
 1.7 主要事業者のインターネット広告市場に対する見解
2.主要メディアの実態と戦略
 2.1 主要メディアの事業概況
  2.1.1 ヤフーの事業概況
  2.1.2 Gunosy の事業概況
 2.2 主要メディアの特徴/強み/差別化のポイント
  2.2.1 ユーザーにとって最適な広告の配信
  2.2.2 高いターゲティングの精度
  2.2.3 視認性の高さや接触頻度の高さ
 2.3 主要メディアのビジネスモデル
  2.3.1 ヤフーのビジネスモデル
  2.3.2 スマートニュースのビジネスモデル
  2.3.3 Gunosy のビジネスモデル
 2.4 主要メディアの課題
  2.4.1 ユーザにとって有益な広告の配信
  2.4.2 大手プラットフォームへの集約が進む中でのビジネスモデルの構築
 2.5 注力している取組みと今後の事業展開の方向性
  2.5.1 アプリの強化
  2.5.2 動画広告の強化
 2.6 メディア別の広告売上推移(2016 年度~2023 年度)
3.主要DSP/SSP の実態と戦略
 3.1 主要DSP/SSP の事業概況
  3.1.1 CRITEO の事業概況
  3.1.2 ジーニーの事業概況
  3.1.3 Supership の事業概況
  3.1.4 プラットフォーム・ワンの事業概況
 3.2 主要DSP/SSP の特徴/強み/差別化のポイント
  3.2.1 リターゲティング精度の高さ
  3.2.2 予測精度の高さ
  3.2.3 アドベリフィケーションへの対応
 3.3 主要DSP/SSP のビジネスモデル
  3.3.1 CRITEO のビジネスモデル
  3.3.2 ジーニーのビジネスモデル
  3.3.3 Supership のビジネスモデル
  3.3.4 プラットフォーム・ワンのビジネスモデル
 3.4 主要DSP/SSP の事業戦略
  3.4.1 CRITEO の事業戦略
  3.4.2 ジーニーの事業戦略
  3.4.3 Supership の事業戦略
  3.4.4 プラットフォーム・ワンの事業戦略
 3.5 DSP/SSP 市場規模推移
 3.6 主要DSP/SSP の事業課題
  3.6.1 ヘッダー・ビディングへの対応
  3.6.2 アドベリフィケーションへの対応
 3.7 主要アドテク事業者の事業強化に向けた取組み
  3.7.1 MA 事業の展開
  3.7.2 ワンストップのマーケティング支援
  3.7.3 動画に特化した運用型インストリーム動画広告の展開
 3.8 主要アドテク事業者の考える業界としての課題
  3.8.1 アドフラウド対策
  3.8.2 ブランドセーフティ対策
 3.9 主要アドテク事業者の展望
  3.9.1 広告掲載面や広告フォーマットの多様化
 3.10 DSP/SSP 市場規模予測
4.アドベリフィケーションベンダの状況
 4.1 Momentum の事業概況
 4.2 Momentum の強み、差別化のポイント
 4.3 Momentum の事業展開の方向性
 4.4 Momentum の課題

第Ⅲ章 個別企業実態

1.株式会社ADK マーケティング・ソリューションズ
2.株式会社オプト
3.株式会社サイバーエージェント
4.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
5.株式会社電通デジタル
6.株式会社メディックス
7.ヤフー株式会社
8.株式会社Gunosy
9.CRITEO 株式会社
10.株式会社ジーニー
11.Supership 株式会社
12.株式会社プラットフォーム・ワン
13.アクセンチュア株式会社
14.Momentum 株式会社

ショートレポート
「2019 インターネット広告市場の実態と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019 インターネット広告市場の実態と展望(2019年発刊、税別180,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 デジタルマーケティングにおける事業者の経営統合の状況
 動画市場の拡大

3.注目トピック
  インターネット広告提供事業者の事業領域の拡大と実店舗での広告効果測定 ※1
  ヘッダービディングの浸透


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • インターネット広告市場規模推移と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2018~2023年度予測
  • 動画広告市場規模推移と予測
  •  ※データ掲載年:2018~2023年度予測

※本レポートは、2019年発刊の「2019 インターネット広告市場の実態と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です