「家庭用・オフィス用家具市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望

価格:150,000円(税別)
「2019年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全366ページ
掲載内容
OPEN ▼

総論

調査結果のポイント
1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第1章:家具市場を取り巻く環境

1.法・制度環境の動向
  1)安全対策関連の動向
2.経済的環境の動向
  1)家計における家具関連支出動向
  2)住宅・建築物の着工動向
  3)住宅リフォームの動向
  4)オフィス需要、企業における設備投資の動向
  5)素材価格の動向
3.社会的環境の動向
  1)人口・世帯数の動向
  2)婚姻件数・ブライダル市場の動向
  3)通信販売・インターネット販売市場の動向

<図表>
図表1-1-1-1:家庭用家具に貼付される安全関連ラベル
図表1-1-1-2:品目別の「JOIFA標準使用期間」
図表1-2-1-1:1世帯あたり年間家具消費支出の推移
図表1-2-1-1:1世帯あたり年間家具消費支出の推移
図表1-2-1-3:家具の品目別家計支出額の推移
図表1-2-1-4:たんすの家計支出額の推移
図表1-2-1-5:食卓セットの家計支出額の推移
図表1-2-1-6;応接セットの家計支出額の推移
図表1-2-1-7:食器戸棚の家計支出額の推移
図表1-2-1-8:その他の家具の家計支出額の推移
図表1-2-1-9:ベッドの家計支出額の推移
図表1-2-2-1:利用関係別新設住宅着工戸数の推移
図表1-2-2-2:利用関係別新設住宅床面積の推移
図表1-2-2-3:2018年 都道府県別・利用関係別 新設住宅着工戸数
図表1-2-2-4:建物用途別の建築着工動向(床面積ベース)
図表1-2-2-5:建物用途別の建築着工動向(金額ベース)
図表1-2-3:住宅リフォーム市場の市場規模の推移
図表1-2-4-1:東京23区におけるオフィス空室率と平均募集賃料の推移
図表1-2-4-2:大阪市におけるオフィス空室率と平均募集賃料の推移
図表1-2-4-3:名古屋市におけるオフィス空室率と平均募集賃料の推移
図表1-2-4-4:民間設備・公的固定資本における経済成長率の推移(実質、四半期)
図表1-2-4-5:民間設備・公的固定資本における経済成長率の推移(名目、四半期)
図表1-2-5-1:製材の調達価格指数の推移(2011年=100)
図表1-2-5-2:合板の調達価格指数の推移(2011年=100)
図表1-2-5-3:鉄鋼の調達価格指数の推移(2011年=100)
図表1-2-5-4:金属製品の調達価格指数の推移(2011年=100)
図表1-2-5-5:その他の製造工業製品の調達価格指数の推移(2005年=100)
図表1-2-5-6:家具の主要な素材の調達価格指数の推移(2011年=100)
図表1-3-1-1:わが国の総人口の推移
図表1-3-1-2:わが国の世帯数・1世帯あたり人員の推移
図表1-3-1-3:年齢区分別人口の推移と予測
図表1-3-2-1:全国婚姻件数と婚姻率の推移
図表1-3-2-2:平均婚姻年齢の推移
図表1-3-2-3:初婚の夫の年代別婚姻組数の構成比率の推移
図表1-3-2-4:初婚の妻の年代別婚姻組数の構成比率の推移
図表1-3-2-5:全婚姻件数に対する再婚件数の割合の推移
図表1-3-2-6:婚姻時におけるインテリア・家具のアイテム別購入率 (MA)
図表1-3-2-7:婚姻時におけるインテリア・家具購入費用
図表1-3-3-1:インターネット利用人口および普及率の推移
図表1-3-3-2:B to C-ECの市場規模・EC化率の推移
図表1-3-3-3:わが国における物販系B to C-EC市場規模

第2章:家庭用家具市場の実態

1.家庭用家具市場の概要
  1)家庭用家具市場の概要
  2)家庭用家具市場の市場構造
2.家庭用家具市場の動向
  1)木製家具の品目別国内生産動向
  2)木製家具の輸入動向
  3)木製家具の輸出動向
  4)地域別に見る国内木製家具出荷状況
  5)家庭用家具の市場規模推計
  6)家庭用家具の市場規模予測
3.家具小売市場の動向
  1)家具小売市場の市場規模推計
  2)家具小売事業者の動向
4.有力参入業者の事業戦略
  1)木製家具メーカー
    ①最近の販売動向
    ②商品開発の方向性
    ③販売価格の動向
    ④販売チャネルの動向
    ⑤注力している営業活動・販促活動
    ⑥今後の事業戦略の方向性
  2)家具小売業
    ①最近の販売動向
    ②商品企画・仕入れの方向性
    ③店舗展開・店舗づくりに関する戦略
    ④販売促進に関する戦略
    ⑤消費者のニーズ・購買行動の変化
    ⑥今後の事業戦略の方向性
5.家庭用家具市場の今後の見通し/課題・問題点

<図表>
図表2-1-2-1:木製家具製造業の事業所数と製造品出荷額
図表2-1-2-2:家庭用家具市場の流通構造の変化
図表2-1-2-3:「国産家具表示」の認定基準
図表2-1-2-4:「国産家具表示」の認定マーク
図表2-2-1-1:木製家具の国内生産動向
図表2-2-1-2:木製家具の国内生産数量推移
図表2-2-1-3:木製家具の国内生産数量指数
図表2-2-1-4:たんすの国内生産動向
図表2-2-1-5:棚類の国内生産動向
図表2-2-1-6:その他棚の国内生産動向
図表2-2-1-7:応接いすの国内生産動向
図表2-2-1-8:テーブルの国内生産動向
図表2-2-1-9:食卓いすの国内生産動向
図表2-2-1-10:ベッドの国内生産動向
図表2-2-1-11:机の国内生産動向
図表2-2-1-12:その他の家具の国内生産動向
図表2-2-1-13:木製家具の平均単価・平均単価指数(2007年=100)の推移
図表2-2-2-1:家具輸入数量の推移(完成品)
図表2-2-2-2:品目別家具輸入額の推移・比率
図表2-2-2-3:家具輸入額における品目別構成比の推移
図表2-2-2-4:家具輸入の完成品/部分品比率(金額ベース)
図表2-2-2-5:地域別家具輸入額の推移
図表2-2-2-6:家具輸入額(完成品)の国別シェアの推移
図表2-2-2-7:家具輸入額(部分品を含む)国別シェアの推移
図表2-2-2-8:木製家具の輸入額・数量の推移
図表2-2-2-9:地域別木製家具輸入額の推移
図表2-2-2-10:木製家具輸入額の国別シェア(2018年)
図表2-2-2-11:木製家具輸入数量の国別シェア(2018年)
図表2-2-2-12:その他の材料製家具輸入額・数量の推移
図表2-2-2-13:地域別その他の材料製家具輸入額の推移
図表2-2-2-14:その他の材料製家具輸入額の国別シェア(2018年)
図表2-2-2-15:その他の材料製家具輸入数量の国別シェア(2018年)
図表2-2-2-16:家具部分品の輸入額推移
図表2-2-2-17:地域別家具部分品輸入額の推移
図表2-2-2-18:家具部分品輸入額の国別シェア(2018年)
図表2-2-2-19:品目別にみる家具輸入平均単価の推移
図表2-2-3-1:家具輸出額の推移(完成品)
図表2-2-3-2:家具輸出額の構成比推移(完成品)
図表2-2-3-3:家具輸出の完成品/部分品推移
図表2-2-3-4:家具輸出額の地域別構成比(2018年)
図表2-2-3-5:家具完成品輸出額の国別シェア(2018年)
図表2-2-3-6:家具総輸出額の国別シェア(2018年)
図表2-2-3-7:木製家具の輸出額・輸出数量の推移
図表2-2-3-8:木製家具輸出額の国別シェア(2018年)
図表2-2-3-9:その他の材料製家具の輸出額の推移
図表2-2-3-10:その他の材料製家具の輸出額の国別シェア(2018年)
図表2-2-3-11:家具の部分品の輸出額の推移
図表2-2-3-12:家具の部分品の輸出額の国別ランキング(2018年)
図表2-2-4-1:木製家具出荷金額の推移
図表2-2-4-2:木製家具の品目別出荷金額推移
図表2-2-4-3:木製家具出荷金額の品目別構成比の推移
図表2-2-4-4:木製家具出荷金額の都道府県別上位ランキングの推移
図表2-2-5-1:木製家具の国内生産規模推計
図表2-2-5-2:木製家具の国内市場規模推計
図表2-2-5-3:家庭用家具の市場規模推移
図表2-2-6:家庭用家具の市場規模推移・予測
図表2-3-1-1:家具小売市場規模の推移
図表2-3-1-2:家具小売市場での業態別販売比率(2018年)
図表2-3-2-1:家具小売業店舗数の推移
図表2-3-2-2:百貨店・スーパーの家具売上高推移
図表2-3-2-3:百貨店・スーパーの総売上高に占める家具売上高比率の推移
図表2-3-2-3:百貨店・スーパーの総売上高に占める家具売上高比率の推移
図表2-4-1-1:有力参入業者の最近の家具販売動向
図表2-4-1-2:有力参入業者の商品開発におけるコンセプト
図表2-4-1-3:有力参入業者の今後の商品開発方向性
図表2-4-1-4:有力参入業者における販売価格の動向
図表2-4-1-5:有力参入業者における販売チャネルの動向
図表2-4-1-6:有力参入業者の注力している営業活動・販促活動
図表2-4-1-7:WEB・SNSの活用状況
図表2-4-1-8:有力参入業者の海外における営業活動・販促活動
図表2-4-1-9:有力参入企業の今後の事業戦略の方向性
図表2-4-2-1:主要家具小売事業者の業績
図表2-4-2-2:主要家具小売事業者の業績シェア
図表2-4-2-3:有力小売事業者における最近の販売動向
図表2-4-2-4:有力小売事業者の商品企画・仕入れにおける注力ポイント
図表2-4-2-5:有力小売事業者における店舗展開・店舗づくり戦略
図表2-4-2-6:有力小売事業者の販促戦略
図表2-4-2-7:有力小売事業者のWEB・SNSの活用状況
図表2-4-2-8:有力小売事業者の先端技術(AI,IoT等)の活用
図表2-4-2-9:有力小売事業者がとらえる消費者ニーズ・購買行動の変化
図表2-4-2-10:有力小売事業者における今後の事業戦略の方向性
図表2-5-1:今後の家庭用家具市場の見通し(家具メーカー)
図表2-5-2:今後の家庭用家具市場の見通し(家具小売業)
図表2-5-3:家庭用家具市場における課題・問題点(家具メーカー)
図表2-5-4:家庭用家具市場における課題・問題点(家具小売業)

第3章:オフィス用家具市場の実態

1.オフィス用家具市場の概要
  1)オフィス用家具市場の概要
  2)オフィス空間のあり方の変化
2.オフィス用家具市場の動向
  1)金属製家具の品目別国内生産動向
  2)金属製家具の輸入動向
  3)金属製家具の輸出動向
  4)オフィス用家具の市場規模推計
  5)オフィス用家具の市場規模予測
3.有力参入企業の販売動向
4.有力参入業者の事業戦略
  1)最近の販売動向
  2)商品開発の方向性
  3)販売価格の動向
  4)販売チャネルの動向
  5)営業・販売促進活動
  6)今後の事業戦略の方向性
5.オフィス用家具市場の今後の見通し

<図表>
図表3-2-1-1:金属製家具の国内生産動向
図表3-2-1-2:事務用机の国内生産動向
図表3-2-1-3:事務用いすの国内生産動向
図表3-2-1-4:収納・備品の国内生産動向
図表3-2-1-5:耐火金庫の国内生産動向
図表3-2-1-6:パーテーションの国内生産動向
図表3-2-1-7:金属製家具の平均単価・平均単価指数(2009年=100)の推移
図表3-2-1-8:金属製家具の販売数量の推移(国内生産ベース)
図表3-2-1-9:金属製家具の販売金額の推移(国内生産ベース)
図表3-2-2-1:金属製家具の輸入額の推移
図表3-2-2-2:地域別金属製家具輸入額の推移
図表3-2-2-3:金属製家具輸入額の国別シェア(2018年)
図表3-2-2-4:金属製家具輸入数量の国別シェア(2018年)
図表3-2-3-1:金属製家具の輸出額の推移
図表3-2-3-2:金属製家具の輸出額の国別シェア(2018年)
図表3-2-4-1:金属製家具の国内生産規模の推計
図表3-2-4-2:金属製家具の国内市場規模の推計
図表3-2-4-3:オフィス用家具の市場規模の推移
図表3-2-5:オフィス用家具の市場規模の推移・予測
図表3-3-1:有力国内オフィス家具メーカー10社の家具関連売上高推移
図表3-3-2:有力オフィス家具メーカー10社のメーカー別家具関連売上高
図表3-3-3:有力オフィス家具メーカー10社のメーカー別家具関連売上高推移
図表3-3-4:有力オフィス家具メーカー10社の家具関連売上高におけるメーカー別シェア
図表3-4-1-1:有力参入事業者における最近の家具関連の販売動向
図表3-4-2-1:有力参入事業者における商品開発のコンセプト
図表3-4-2-2:有力参入事業者における今後の商品開発の方向性
図表3-4-3-1:有力参入事業者における販売価格の動向
図表3-4-4-1:有力参入事業者における販売チャネルの動向
図表3-4-4-2:有力参入事業者における今後の販売チャネルに対する見解
図表3-4-5-1:有力参入事業者の注力している営業・販促活動
図表3-4-5-2:有力参入事業者のWEB、SNSの活用状況
図表3-4-5-3:有力小売事業者の先端技術(AI,IoT等)の活用
図表3-4-5-4:有力参入事業者の海外における事業展開
図表3-4-6-1:家具関連市場全体における課題・問題点
図表3-4-6-2:有力参入事業者における今後の事業戦略の方向性・注力分野
図表3-5-1:東京23区の大規模オフィスビル供給量推移
図表3-5-2:東京23区・エリア別大規模オフィスビル供給量推移
図表3-5-3:有力参入企業からみたオフィス用家具市場の今後の見通し

第4章:有力参入企業の事業実態

1.木製家具製造事業者
  ◆コイズミファニテック株式会社
  ◆株式会社白井産業
  ◆シモンズ株式会社
  ◆株式会社光製作所
  ◆飛驒産業株式会社
  ◆株式会社マルニ木工
2.家具小売事業者
  ◆株式会社アクタス
  ◆株式会社大塚家具
  ◆株式会社オフィスバスターズ
  ◆株式会社家具の大正堂
  ◆株式会社ナフコ
  ◆株式会社Francfranc
3.オフィス用家具メーカー
  ◆株式会社内田洋行
  ◆株式会社オリバー
  ◆株式会社オカムラ
  ◆コクヨ株式会社
  ◆株式会社ナイキ
  ◆ハーマンミラージャパン株式会社
  ◆プラス株式会社
  ◆株式会社ライオン事務器

ショートレポート
「2019年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望(2019年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 2018年の家庭用家具市場規模は6,654億円(同98.5%)
 2018年のオフィス用家具の市場規模は、3,729億円(同103.5%)

3.注目トピック
  家庭用・オフィス用家具ともにサブスクリプション等、新たな市場の創出が重要 ※1
  【木製家具メーカー】コンストラクト分野(非住宅分野)への営業に注力
  【家具小売事業者】リアル店舗ならではの店舗づくりに注力
  【オフィス家具メーカー】オフィス空間全体のトータルソリューションを提案 


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 家庭用・オフィス用家具市場規模 ※1
  •  ※データ掲載年:2009年~2021年(予測)
  • 家庭用家具市場規模推移
  •  ※データ掲載年:2009年~2021年(予測)
  • オフィス用家具市場規模推移
  •  ※データ掲載年:2009年~2021年(予測)

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 家庭用・オフィス用家具マーケットの市場実態と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です