「IoT/M2M市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019 IoT/M2Mマーケット ~5Gで加速するIoTマーケットの中期展望~

価格:180,000円(税別)
「2019 IoT/M2Mマーケット ~5Gで加速するIoTマーケットの中期展望~」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全289ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

1.市場動向
 (1)IoT/M2Mマーケット
   (図表1)IoT/M2Mマーケットの関連性
 (2)IoT/M2Mでの展開領域
   (図表2)M2M ⇒ IoTでの展開領域の変化
2.市場規模予測
 (1)M2M市場規模予測(国内M2M売上ベース)
   (図表3)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2015~2023年度予測)
 (2)IoT市場規模推移(IoT売上ベース)
   (図表4)国内IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2016~2023年度予測)
3.カテゴリー別の動向
 (1)カテゴリー別のM2M市場動向(2016~2023年度予測)
   (図表5)カテゴリー別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
 (2)M2M市場でのカテゴリー別の動向
   (図表6)M2M市場でのカテゴリー別の動向

第Ⅰ章 総論編

Ⅰ.IoT/M2Mマーケット
1.マーケット概況
 (1)IoTとM2M
   ・ターゲット
   ・ビジネスモデル
   ・導入目的
   ・ネットワーク
 (2)マーケットの構造
   (図表7)IoTとM2Mの関連性
   (図表8)市場分析での基準
 (3)IoT/M2Mでの展開領域
   ①『M2M⇒IoT』による展開領域の変化
   (図表9)M2M⇒IoTでの展開領域の変化
   ②IoTの普及によるビジネス構造の変化
   ③IoTレイヤー別のプレイヤー
   (図表10)IoTレイヤー別の主要プレイヤー
2.M2M市場規模
 (1)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
   (図表11)国内M2M市場規模推移(M2M売上ベース:2015~2023年度予測)
   ・2023年度に向けてのM2Mマーケットは堅調推移を予想
 (2)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
   (図表12)国内M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2015~2023年度予測)
 (3)世界M2M市場規模推移(M2M売上ベース)
   (図表13)世界M2M市場規模推移(M2M関連売上ベース:2015~2023年度予測)
 (4)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース)
   (図表14)世界M2M市場規模推移(累計M2M回線数ベース:2015~2023年度予測)
3.M2M市場の内訳
 (1)国内M2M市場の内訳(2018年度)
   (図表15)M2M/IoTプラットフォーム一覧
   (図表16)国内M2M市場の内訳(2018年度)
 (2)世界M2M市場の内訳(2018年度)
   (図表17)海外のM2M/IoT関連プラットフォーム事業者
   (図表18)世界M2M市場の内訳(2018年度)
4.分野別の国内M2M市場規模推移(国内累計回線数ベース)
 (1)自動車関連
 (2)エネルギー関連
 (3)設備・機器監視/工場関連
 (4)流通関連
 (5)物流関連
 (6)セキュリティ・防犯関連
 (7)健康・ヘルスケア関連
 (8)インフラ関連
   (図表19)分野別のM2M市場規模推移(国内累計回線数)
   (図表20)分野別のM2M構成推移(%)
5.IoT市場規模推移(IoT売上ベース)
   (図表21)国内IoT市場規模推移(IoT売上ベース:2016~2023年度予測)
   (図表22)国内IoT市場の内訳(2018年度)
6.IoTポテンシャルに対する考察
 (1)IoTが生み出す価値
   (図表23)IoTが生み出す価値
 (2)分野別のIoTポテンシャル
   (図表24)IoT普及の技術的な背景要因
   ①製造・工場(監視、作業支援、作業者管理など)
   ②エネルギー関連(省エネ、保全など)
   ③交通インフラ(道路、鉄道)
   ④セキュリティ・防犯/防災関連
   ⑤自動車関連
   ⑥現場作業者支援関連(次項参照)
   ⑦デジタルマーケティング(次項参照)
7.IoT周辺領域での注目動向
 (1)フィールドワーク支援ソリューション
   (図表25)フィールドワーク支援ソリューションの活用イメージ
   ①フィールドワーク支援ソリューションに適用されるIT技術
   (図表26)フィールドワーク支援ソリューショングで使うIT技術
   ②フィールドワーク支援ソリューションの市場性
   ③注目動向「製造/建設向けソリューション」
   (図表27)製造/建設向けフィールドワーク支援ソリューション事例
   ④分野別のフィールドワーク支援ソリューションの動向
   (図表28)フィールドワーク支援ソリューションの分野別動向
 (2)次世代モニタリング/IoT型遠隔監視
   (図表29)遠隔監視業務の変化
   ①遠隔監視システムの整理
   ②データ活用の方向
   ③対象となるセンシングデータ
   (図表30)分野別の収集データ事例
   ④次世代モニタリングとAI活用
 (3)AI
   ①AIの定義について
   ②実用化しているAIテクノロジー
   ・機械学習について
   ③AI市場規模
   ・画像認識AIシステム市場
   (図表31)画像認識AIシステム市場規模推移
   ・会話・対話AIシステム市場(対話AI)
   (図表32)会話・対話AIシステム市場規模推移
   ④有力AIベンダー
   (図表33)有力AIベンダー一覧
   (図表34)AI活用での現在地
   ⑤AIビジネスの展望
 (4)デジタルマーケティング(DMP/MA)
   ①デジタルマーケティングの現状
   ②DMP市場
   ③MA市場
   ④有力ベンダー動向
   (図表35)デジタルマーケティングでの有力ベンダー一覧
   ⑤デジタルマーケティングビジネスの展望
   ・DMP市場
   ・MA市場

Ⅱ.IoTビジネスの現況評価と展望
1.IoTビジネスの現況と中期展望
 (1)IoTの現況
 (2)IoTビジネスの中期展望
 (3)IoT普及での課題
 (4)IoTの利活用状況と普及イメージ
   (図表36)IoT関連技術/分野別のIoT普及メージ
2.注目テーマ研究「5G」 ~IoTにおける5Gのインパクト~
 (1)産業向け「5G×IoT/M2M」の可能性
 (2)5G×IoT/M2M事例
   (図表37)中・長期的に期待される5GベースのIoT/M2Mソリューション
 (3)IoTでの5G活用に向けての考察
 (4)「5G×IoT」関連市場規模の推定
   ・5G型IoTで期待されるアプリケーション
3.主要ベンダーのIoT/M2Mビジネス動向
 (1)IoT/M2M事業の位置づけ
   (図表38)IoT/M2M事業の位置づけ
 (2)IoT/M2Mビジネスの展開状況
   (図表39)IoT/M2Mビジネスの展開状況
 (3)IoT/M2Mビジネスでのターゲット
   (図表40)IoT/M2Mビジネスでのターゲット
 (4)IoT/M2Mビジネスでの事業目標
   (図表41)IoT/M2Mビジネスでの事業目標
4.IoT/M2M関連技術
 (1)スマートデバイス
   (図表42)IoT×スマートデバイスの活用イメージ
 (2)VR/AR
 (3)IoTプラットフォーム
   (図表43)主なものづくり系IoTプラットフォーム一覧
   (図表44)ものづくり系IoTプラットフォームの主旨
 (4)LPWA
   ①SIGFOX
   (図表45)Sigfoxの特徴/優位点
   ②LoRaWAN
   ③NB-IoT/Cat.M1
 (5)MVNO
 (6)海外事業者動向
   (図表46)主要海外事業者のビジネス動向
5.分野別のIoT活用事例
 (1)流通/サービス/イベント
   (図表47)流通/サービス/イベント関連でのIoT活用事例
 (2)社会インフラ
   (図表48)社会インフラ関連でのIoT活用事例
 (3)運輸/物流・倉庫
   (図表49)運輸/物流・倉庫関連でのIoT活用事例
 (4)製造
   (図表50)製造関連でのIoT活用事例
 (5)建設・不動産・建物
   (図表51)建設・不動産・建物関連でのIoT活用事例
 (6)見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯
   (図表52)見守り・セキュリティ/安全・安心/防犯関連でのIoT活用事例
 (7)農業・畜産
   (図表53)農業・畜産関連でのIoT活用事例
 (8)ヘルスケア/医療
   (図表54)ヘルスケア/医療分野でのIoT活用事例

第Ⅱ章 各論編 ~カテゴリー別の動向~

1.エネルギー関連
 (1)市場規模推移(国内累計M2M回線数ベース)
   (図表55)エネルギー関連でのM2M市場規模推移(2016~2023年度予測)
 (2)市場動向
 (3)今後の見通し、課題
2.流通/運輸・物流関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
   (図表56)流通/運輸・物流関連でのM2M市場規模推移(2016~2023年度予測)
 (2)市場動向
 (3)今後の見通し、課題
   ・サプライチェーンでのIoT活用
   ・フィジカルインターネット
3.設備・機器監視
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
   (図表57)設備・機器監視分野でのM2M市場規模推移(2016~2023年度予測)
 (2)市場動向
 (3)今後の見通し、課題
4.自動車関連
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
   (図表58)自動車関連でのM2M市場規模推移(2016~2023年度予測)
 (2)市場動向
   ・自動車分野でのM2M/IoTアプリケーション
   (図表59)自動車関連でのM2M/IoTアプリケーション
 (3)今後の見通し、課題
   ・注目動向「コネクテッドカー」
5.その他分野
 (1)市場規模推移(国内累計回線数ベース)
   (図表60)その他分野でのM2M市場規模推移(2016~2023年度予測)
 (2)分野別の動向
   ①ヘルスケア・健康管理
   ・現場作業者のヘルスケアモニタリング
   (図表61)厳しい作業環境のある現場
   ・医療・介護分野での可能性
   ・パーソナルヘルスケアの可能性
   ②農業・畜産・水産
   (図表62)農業・畜産・水産でのIoT活用事例
   ・漁業でのIoT活用
   ・ドローン×IoTの可能性
   ③インフラ監視(維持管理用途)
   ・インフラ監視でのIoT/M2M活用の現状
   ④見守り・セキュリティ
   ⑤オフィス機器(MFP・複写機など)
   ⑥プロパティマネジメント/建物ヘルスモニタリング
   ⑦ペット関連
   ⑧環境計測
   ・環境計測でのデータの有効活用の可能性

第Ⅲ章 企業個票編

<国内企業>
IFSジャパン(株)
KDDI(株)
(株)NTTドコモ
(株)インターネットイニシアティブ
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)
(株)ソラコム
沖電気工業(株)
京セラコミュニケーションシステム(株)
東芝デジタルソリューションズ(株)
日本システムウエア(株)
日本ユニシス(株)/ユニアデックス(株)
日本電気(株)
パナソニック ソリューションテクノロジー(株)
ビジネスエンジニアリング(株)(旧東洋ビジネスエンジニアリング(株))
(株)日立製作所
三井物産エレクトロニクス(株)

<海外企業>
Digi International(米国)
Ericsson(スウェーデン)
Cisco Jasper(アメリカ)
IBM(米国)
Microsoft Corporation(米国)
PTC(Parametric Technology Corporation:アメリカ)
Telefonica,S.A.(スペイン)
Telenorグループ(ノルウェー)

ショートレポート
「2019 IoT/M2Mマーケット ~5Gで加速するIoTマーケットの中期展望~」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019 IoT/M2Mマーケット ~5Gで加速するIoTマーケットの中期展望~(2019年発刊、税別180,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 エネルギー関連
 流通/運輸・物流関連
 設備・機器監視(工場、産業機器など)

3.注目トピック
  産業向け「5G」× IoT / M2Mの可能性 ※1
  フィールドワーク支援ソリューション
  次世代モニタリング/IoT型遠隔監視


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 国内M2M市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2015~2018年度、2019年度見込、2020~2023年度予測
  • カテゴリー別の国内M2M累計回線数推移・予測
  •  ※データ掲載年:2016~2018年度、2019年度見込、2020~2023年度予測

※本レポートは、2019年発刊の「2019 IoT/M2Mマーケット ~5Gで加速するIoTマーケットの中期展望~」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です