「パワーアシストスーツ市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019 パワーアシストスーツの可能性と将来性

価格:150,000円(税別)
「2019 パワーアシストスーツの可能性と将来性」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全129ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 パワーアシストスーツ市場の現状

1.幅広い業種から参入が見られる。作業支援型で多い参入企業数
2.2017年以降は作業支援型に集中する主要製品の発売時期
3.総市場規模推移
  (1)作業支援型が牽引することで、全体でも拡大が続く数量ベース
  (2)内容は異なるが、数量ベースと同じく拡大傾向にある金額ベース
4.型別メーカシェア推移
  (1)数量ベースと金額ベースで様相が異なる歩行支援型PASのメーカシェア
  (2)イノフィスとアトウンが強みを発揮する作業支援型PASのメーカシェア
5.新規参入企業ほど多様化する傾向があるメーカの技術関連先

第2章 パワーアシストスーツの注目動向

1.主対象によって、顔触れが異なる対象別参入企業。ヒトとモノの境が薄れる作業支援型
2.電動(モータ)タイプが主流であるが、作業支援型では多様化するPASの動力源
3.歩行支援型、作業支援型共に、対象やメーカの思想で異なるアシスト対象先
4.作業支援型で、新製品ほどアシスト力低下と軽量化が進んでいる
5.作業支援型で進む低価格化。イノフィスの新製品価格とその需要開拓に注目
6.中腰姿勢タイプは主ターゲットこそ異なるが、多様性を追求する販売ターゲット

第3章 主要参入企業の取り組み実態

1.アシストモーション(株)
2.(株)ATOUN(アトウン)
3.(株)イノフィス
4.(株)今仙技術研究所
5.(株)クボタ
6.(株)ジェイテクト
7.(株)スマートサポート(参考)
8.(株)ダイドー
9.トヨフレックス(株)
10.(株)ニッカリ
11.その他の企業
  (1)電動PASで自社製品を投入するユーピーアール。ニーズ先行と需要確保で注目
  (2)人工筋肉を採用し、軽量・低価格で腰の負担軽減に特化するサステクノ
  (3)医療現場の腕固定用途に特化するシマノ
  (4)レイボと代理店契約を結び、2018年より「レイボV2.5」を販売する加地

第4章 パワーアシストスーツの可能性と将来性

1.動力源別PASが持つ課題と最新動向。各動力源で新提案が相次ぐ
2.歩行支援型に大きな変化は見込めず、作業支援型で多様化と用途拡大が進む
3.高機能高価格だけでは普及しないユーザニーズ。作業支援型でニーズ優先に舵を切る
4.2017年度よりPAS市場は第2ステージへ。実用品として、コストメリットの競争へ
5.新製品とイノフィスがカギを握る市場規模予測。第2ステージでPASの真価が問われる

ショートレポート
「2019 パワーアシストスーツの可能性と将来性」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019 パワーアシストスーツの可能性と将来性(2019年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 歩行支援型の市場動向
 作業支援型の市場動向

3.注目トピック
  主なアシスト(補助)対象によって、顔触れが異なる参入企業 ※1
  電動(モータ)タイプが主流であるが、作業支援型では多様化するPASの動力源
  歩行支援型、作業支援型共に、対象やメーカの思想で異なるアシスト先
  作業支援型で、新製品ほどアシスト力低下と軽量化が進む
  作業支援型で進む低価格化。10万円台の新製品登場とその需要開拓に注目


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • パワーアシストスーツ市場規模推移と予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2017~2018年度、2019年度見込、2020~2022年度予測

※本レポートは、2019年発刊の「2019 パワーアシストスーツの可能性と将来性」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です