「ガーデニング・家庭菜園市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究

価格:130,000円(税別)
「2019年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全373ページ
掲載内容
OPEN ▼

1章 ガーデニング・家庭菜園市場の現状分析と展望

1.ガーデニング・家庭菜園の市場規模推移
 (1)ガーデニング・家庭菜園の市場規模推移(2015~2019年度)
 (2)商品別構成比(2018年度)
 (3)販売チャネル別構成比(2018年度)
2.ガーデニング・家庭菜園の市場規模予測(2020~2024年度)
3.販売チャネル別市場規模予測(2018~2024年度)
4.2024年に向けたガーデニング・家庭菜園市場の見通し
 (1)ストレス対策としての植物需要
 (2)生産緑地維持対策の推進
 (3)アーバンファーミングの広がりと日本版ダーチャ(菜園付き週末別荘)の取り組み
 (4)IoTプランター、シェア型コミュニティファームのサービス開始
5.ガーデニング・家庭菜園市場拡大のための課題とポイント
 (1)ガーデニング・家庭菜園市場を取り巻く社会的背景
 (2)主力顧客層の減少時代に家庭菜園市場を支える潜在力
  ①家庭菜園に興味はあるが、踏み出せない理由
  ②今後、栽培したい野菜(経験者・今後家庭菜園を始めたい人)
 (3)ガーデニング・家庭菜園ユーザーにおけるSNS利用の広がり
  ①SNSでの情報発信の実例
  ②SNS利用の概況(2018年度)
  ③消費者調査におけるユーザーの情報収集の概況
 (4)主要参入企業による新規顧客獲得戦略
6.ガーデニング習い事市場の動向
 (1)ガーデニング習い事の市場規模推移
 (2)市場(業界)動向
 (3)参入事業者
 (4)今後の業界の見通し

2章 ガーデニング・家庭菜園市場の商品分野別市場動向

1.花壇用苗物
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
2.野菜苗・果樹苗
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
3.花木
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
4.球根
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
5.芝・グランドカバープランツ
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
6.鉢・プランター
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
7.家庭園芸用農薬
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
8.家庭園芸用肥料
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
9.家庭園芸用培養土
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し
10.園芸向け芝刈機・草刈機・刈払機
 (1)商品トレンドと参入企業動向
 (2)市場の抱える現状の課題点と市場見通し

3章 ガーデニング・家庭菜園市場の販売チャネル徹底研究

1.ガーデニング・家庭菜園関連企業における販売チャネルの現状
2.ホームセンター
 (1)ホームセンターによるガーデニング関連商品の販売動向
 (2)現状の課題・問題点
 (3)事業の方向性と事業戦略
 (4)今後のガーデニング・家庭菜園市場の見通し
3.ガーデンセンター・園芸店
 (1)ガーデンセンター・園芸店の取り組み
 (2)ガーデンセンター・園芸店 注目企業の動向
  ①SOLSO FARM(神奈川県川崎市)
  ②京成バラ園 ガーデンセンター(千葉県八千代市)
  ③ガーデンガーデン(愛知県豊橋市)
  ④明石屋株式会社(島根県松江市)
 (3)ガーデンセンター・園芸店によるガーデニング関連商品の販売動向
 (4)現状の課題・問題点
 (5)事業の方向性と事業戦略
 (6)今後のガーデニング・家庭菜園市場の見通し
4.フラワーショップ
 (1)フラワーショップによるガーデニング関連商品の販売動向
 (2)現状の課題・問題点
 (3)事業の方向性と事業戦略
 (4)今後のガーデニング・家庭菜園市場の見通し
5.通信販売(ネット通販含む)によるガーデニング関連商品の販売動向
 (1)通信販売におけるガーデニング関連用品の概況
 (2)ガーデニング・家庭菜園市場のEC化率予測(2016年~2024年)
 (3)主要企業のガーデニング関連商品の販売動向
 (4)消費者調査におけるガーデニング関連用品の動向
6.貸し農園・市民農園
 (1)都市農業振興基本法の成立、生産緑地法の改正
 (2)貸し農園・市民農園の分類
 (3)貸し農園・市民農園開設の推移
 (4)貸し農園ビジネスを展開する上でのメリット・デメリット
 (5)貸し農園事業に参入している主な企業
 (6)貸し農園・市民農園の動向
 (7)現状の課題・問題点
 (8)事業の方向性と事業戦略
 (9)今後のガーデニング・家庭菜園市場の見通し

4章 ガーデニング・家庭菜園関連用品の購入利用実態

1.回答者属性
2.ガーデニング・家庭菜園関連用品の消費実態
 (1)ガーデニングの実施状況
  ①ガーデニングの開始時期
  ②ガーデニングを始めた動機・目的
  ③ガーデニングの情報源
  ④ガーデニングの場所
 (2)ガーデニング関連用品の購入状況
  ①ガーデニング関連用品の購入場所
  ②よく購入するガーデニング用品(植物)
  ③よく購入するガーデニング関連用品(資材)
  ④ガーデニング関連用品の予算(植物)
  ⑤ガーデニング関連用品の予算(資材)
 (3)ガーデニング関連用品に対する要望
  ①ガーデニング関連用品(植物)に対する要望
  ②ガーデニング関連用品(資材)に対する要望
 (4)ガーデニング関連用品の今後の購入について
  ①ガーデニング関連用品の購入意向
  ②ガーデニング関連用品の今後の購入予算額
  ③今後ガーデニング関連用品を購入したい店舗形態
 (5)ガーデニングに関するインターネット利用について
  ①ガーデニングに関してのインターネットの利用目的
  ②ガーデニングに関してのインターネットを利用した情報収集で利用する方法
  ③ガーデニングに関する情報収集で、インターネットを利用しない理由
  ④ネット通販で購入経験のあるガーデニング関連用品(植物)
  ⑤ネット通販で購入経験のあるガーデニング関連用品(資材)
 (6)家庭菜園の実施状況
 (7)家庭菜園実施者の実施状況
  ①家庭菜園を始めた動機・目的
  ②家庭菜園の経験年数
  ③家庭菜園を実施している場所
  ④栽培経験のある野菜
  ⑤家庭菜園を始めてよかったこと
  ⑥家庭菜園に対する不満
  ⑦家庭菜園に関してのインターネット利用目的
  ⑧家庭菜園に関してのインターネットを利用した情報収集で利用する方法
  ⑨家庭菜園に関する情報収集で、インターネットを利用しない理由
  ⑩家庭菜園の実施経験がない、又は止めている理由
  ⑪今後の家庭菜園の実施意向
  ⑫家庭菜園に興味はあるが、踏み出せない理由
  ⑬今後、栽培したい野菜(経験者・今後家庭菜園を始めたい人)

5章 ガーデニング・家庭菜園関連の最新データ

1.新品種の登録状況
2.花卉関連の遺伝子組換え植物(GMO)一覧
3.種苗輸出入実績の推移(2012~2018年)
 (1)苗輸入実績推移
 (2)種苗輸出実績推移
4.花卉市場流通調査(2008~2018年)
5.家計調査年報
 (1)花・園芸品・園芸用品の一世帯当たりの年間支出額推移(2008~2018年)
 (2)園芸用植物、園芸用品の一世帯当たりの年間支出額ベスト10
 (県庁所在地都市別:2018年)
6.余暇に関する調査(レジャー白書)
 (1)園芸・庭いじり参加人口
 (2)農園・市民農園参加人口
7.ホームセンター市場の概況
 (1)ホームセンター市場の現状・市場規模推移
 (2)商品分野別市場規模の推移
 (3)ホームセンター市場における業界再編

6章 有力参入企業の戦略

<ホームセンター>
 株式会社カインズ
 コーナン商事株式会社
 株式会社コメリ
 DCMカーマ株式会社
 株式会社ジョイフル本田
 株式会社LIXILビバ
 ロイヤルホームセンター株式会社

<園芸資材メーカー>
 アイリスオーヤマ株式会社
 株式会社アグリメディア
 アース製薬株式会社
 園芸ネット株式会社
 株式会社オザキフラワーパーク
 カゴメ株式会社
 カネコ種苗株式会社
 京セラインダストリアルツールズ株式会社
 GreenSnap株式会社
 株式会社コスモトレードアンドサービス
 株式会社サカタのタネ
 サントリーフラワーズ株式会社
 株式会社ストロボライト
 株式会社大都
 タキイ種苗株式会社
 有限会社竹内園芸
 日本デルモンテアグリ株式会社
 株式会社ハイポネックスジャパン
 株式会社プロトリーフ
 ベルグアース株式会社
 株式会社マイファーム
 株式会社リッチェル

ショートレポート
「2019年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究(2019年発刊、税別130,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 家庭菜園向け野菜苗・果樹苗

3.注目トピック
  生産緑地維持対策の推進により、市民農園拡大の可能性も ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • ガーデニング・家庭菜園の市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2015~2018年度、2019年度(見込)
  • 家庭菜園向け野菜苗・果樹苗の市場規模推移・予測(2015~2019年度)
  •  ※データ掲載年:2015~2018年度、2019年度(見込)

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 ガーデニング・家庭菜園市場の展望と販売チャネルの徹底研究」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です