「次世代モビリティ市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望

価格:150,000円(税別)
「2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全178ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 次世代モビリティの概況

1-1.次世代モビリティの定義
1-2.次世代モビリティが求められる背景
1-3.マイクロモビリティとグリーンスローモビリティ
1-4.既存車両との比較
1-5.次世代モビリティ普及の課題と今後

第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状

2-1.日本
2-1.超小型モビリティの法令上の位置付け
  2-1-1.次世代モビリティの法令上の位置づけと概要
  2-1-2.電動トライク
  2-1-3.電動ミニカー
  2-1-4.超小型モビリティ(2人乗り小型EV、小型電動モビリティ)
  2-1-5.マイクロモビリティ
  2-1-6.次世代モビリティの導入状況
2-2.欧州
  2-2-1.欧州における小型自動車の法令上の位置づけと概要
  2-2-2.欧州におけるマイクロモビリティの法令上の位置づけ
  2-2-3.欧州における小型自動車の導入状況
  2-2-4.欧州におけるモビリティに関する実証事業
2-3.中国
  2-3-1.中国における小型自動車の法令上の位置づけと概要
  2-3-2.地方レベルのLSEV政策
  2-3-3.消費動向の変化によるLSEVの拡大
  2-3-4.中国におけるLSEVの導入状況
2-4.その他地域
  2-4-1.北米
  2-4-2.アジア地域

第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望

3-1.次世代モビリティに用いられる技術
  3-1-1.日系メーカで販売・開発される次世代モビリティ
  3-1-2.次世代モビリティで採用される技術
3-2.次世代モビリティの課題と可能性
  3-2-1.車両特性における課題と可能性
  3-2-2.用途における課題と可能性
  3-2-3.規制緩和による課題と可能性
  3-2-4.自動運転技術の導入可能性
3-3.日本における次世代モビリティ普及予測
  3-3-1.MaaSの発展による影響
  3-3-2.国内市場予測

第4章 主要次世代モビリティメーカの最新動向

4-1.主要日系メーカの最新動向
  4-1-1.トヨタ自動車株式会社
  4-1-2.トヨタ車体株式会社
  4-1-3.日産自動車株式会社
  4-1-4.本田技研工業株式会社
  4-1-5.株式会社rimOnO
  4-1-6.ヤマハ発動機株式会社
  4-1-7.株式会社FOMM
  4-1-8.有限会社タケオカ自動車工芸
  4-1-9.株式会社光岡自動車
  4-1-10.株式会社日本エレクトライク
  4-1-11.株式会社タジマEV
  4-1-12.テラモーターズ株式会社
  4-1-13.その他の参入事業者の取組み(日本)
4-2.主要欧州メーカの最新動向
  4-2-1.Renault(フランス)
  4-2-2.AIXAM(フランス)
  4-2-3.Ligier Group(フランス)
  4-2-4.Automobiles Chatenet(フランス)
  4-2-5.Bellier Automobiles(フランス)
  4-2-6.Piaggio Group(イタリア)
  4-2-7.その他の参入事業者の取組み(欧州)
4-3.主要中国LSEVメーカの最新動向
  4-3-1.時風集団(Shifeng Group)
  4-3-2.御捷集団(YOGOMO)
  4-3-3.山東麗馳新能源汽車有限公司(LICHI)
  4-3-4.山東梅拉徳能源動力科技(LEVDEO)
  4-3-5.河北躍迪新能源科技集団(Hebei Yuedi New Energy Technology Group)
  4-3-6.濰坊瑞馳汽車系統(Weifang Ruichi Automobile System)
  4-3-7.その他の参入業者の取り組み(中国)
 

図表目次

第1章 次世代モビリティの概況

図1-1 次世代モビリティの国内市場予測
図1-1 自動車のエネルギ消費効率の比較
図1-2 日本の高齢者人口および割合の推移
図1-3 三大都市圏・地方都市圏別の代表交通手段利用率
図1-4 Bird社とLime社の乗車実績
図1-5 自動車メーカが展開するパーソナルモビリティ
図1-6 グリーンスローモビリティ
図1-7 次世代モビリティの位置づけイメージ
表1-1 電動モビリティの種類と調査対象

第2章 地域別次世代モビリティ市場の現状

図2-1 東京モーターショー2019に展示された移動支援ロボット
図2-2 日本の次世代モビリティ市場の推計(電動トライク、電動ミニカー)
図2-3 「超小型モビリティの利活用に関する実証実験」における実証地域
図2-4 欧州自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
図2-5 欧州電動自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
図2-6 ロンドンのCongestion Charge Zone
図2-7 ロンドンのULEZ
図2-8 Paxster「配送用小型EV」
図2-9 ACM City
図2-10 中国農村部の一人あたりの可処分所得(2011年~2018年)
図2-11 中国LSEV販売台数推移(2015年~2020年)
図2-12 中国全土と山東省のLSEV販売台数比較
図2-13 インドの三輪車販売台数および生産台数
図2-14 フィリピンの三輪車販売台数
図2-15 タイの三輪車新規登録および登録台数
表2-1 CEV補助金対象車(2015年度と2019年度の比較)
表2-2 トライクに関する定義(道路交通法施行規則)
表2-3 3個の車輪を有する自動車に適用する保安基準
表2-4 日本国内で販売される電動トライク
表2-5 電動ミニカーの法令上の定義
表2-6 主な電動ミニカーのモデル
表2-7 超小型モビリティへの基準緩和項目
表2-8 超小型モビリティの保安基準案
表2-9 超小型モビリティに関する保安基準等の基準緩和項目(2019年時)
表2-10 ミニカーと事故対象者の速度の対比と超小型モビリティの保安基準
表2-11 認定制度下で使用された2人乗り小型EVのモデル
表2-12 移動支援ロボットの定義
表2-13 国内参入の主要な電動キックボード事業者
表2-14 日本の次世代モビリティ市場の推計(電動トライク、電動ミニカー)
表2-15 超小型モビリティに関わる取り組み(2010~2020年)
表2-16 「地域と共生する超小型モビリティ勉強会」のとりまとめ内容
表2-17 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分
表2-18 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分(L1e~L5e)
表2-19 欧州のLクラスにおけるカテゴリ区分(L6e~L7e)
表2-20 EU共通の自動車免許制度
表2-21 欧州自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
表2-22 欧州電動自動二輪・マイクロカー市場(小型四輪:L6e、L7e)
表2-23 欧州各国におけるクワドリシクルの台数
表2-24 四輪低速EV技術要件(草案)
表2-25 中国の免許制度
表2-26 「LSEV管理強化に関する通知」の段階別内容
表2-27 LSEV管理強化施策における中国各地方政府の動向
表2-28 中国LSEV販売台数推移(2015年~2020年)
表2-29 「FMVSS 500」による性能要件
表2-30 米国各州のLSVに対する通行規制
表2-31 インドの三輪車販売台数および生産台数
表2-32 FAME-India PHASE2の概要
表2-33 フィリピンの三輪車販売台数
表2-34 タイの三輪車新規登録および登録台数

第3章 次世代モビリティの技術動向と将来展望

図3-1 次世代モビリティで採用されるインホイールモータ
図3-2 超小型モビリティの環境性能
図3-3 超小型モビリティのサイズ比較
図3-4 「チョイモビヨコハマ」で活用される「NMC」
図3-5 大手町駅付近の路上駐車スペース
図3-6 電磁誘導式自動走行システムの原理
図3-7 限定されたエリアでの自動運転機能を搭載した超小型EV活用イメージ
図3-8 次世代モビリティの国内市場予測
表3-1 日系メーカで販売・開発される主な次世代モビリティ
表3-2 バッテリ・充電性能などに関するヒアリング結果
表3-3 本調査で得られた次世代モビリティが求められる背景
表3-4 国内各地で取り組まれている移動支援の例
表3-5 各分類の仕様地域別ベネフィットと課題
表3-6 想定される次世代モビリティの用途
表3-7 既存車両の制度比較(2019年12月時点)
表3-8 超小型モビリティの潜在的な需要
表3-9 次世代モビリティの国内市場予測

第4章 主要次世代モビリティメーカの最新動向

図4-1 トヨタが考えるEVビジネスモデル
図4-2 「日産ニューモビリティコンセプト」認定制度下での運用状況
図4-3 太陽光発電と蓄電池を組み合わせた充電ステーション
図4-4 リアタイヤ独立駆動
図4-5 スイング・スポーツ
図4-6 ニノ・ロボティクスの着席型電動モビリティ
表4-1 「超小型EV」、「i-Roadスペック
表4-2 「コムス」車両スペック
表4-3 「日産ニューモビリティコンセプト」車両スペック
表4-4 「MC-β」車両スペック
表4-5 「rimOnO」車両スペック
表4-6 「AR-05」、「YG-M」の車両スペック
表4-7 「FOMM ONE」車両スペック
表4-8 「Milieu R」、「T-10」の車両スペック
表4-9 「Lala」の車両スペック
表4-10 「Like-T3」車両スペック
表4-11 「エレクトライク」車両スペック
表4-12 「TAJIMA-JIAYUAN」「E-RUNNER」車両スペック
表4-13 「R6」、「Y4 Alfa」の車両スペック
表4-14 アップル「e-Apple」(左)、ローランド・ベルガー「バトラーカー」(右)
表4-15 「Twizy」の車両スペック
表4-16 「Twizy」バッテリ月額リース費用
表4-17 「e-City」、「e-TRUCK」車両スペック
表4-18 「JS 50」、「Due」の車両スペック
表4-19 「Pulse3」、「Pulse4」の車両スペック
表4-20 「EZ10」の車両スペック
表4-21 「CH26」、「CH30」の車両スペック
表4-22 「Sporteevo Coup驀」、「PICK-UP」の車両スペック
表4-23 「B8」の車両スペック
表4-24 「Docker」の車両スペック
表4-25 「MP3 LT」、「MP3 Yourban」車両スペック
表4-26 「MP3 Hybrid」、「NT-3」車両スペック
表4-27 「Nils」、「Minimo」の車両スペック
表4-28 「Minimo」、「Ami One」の車両スペック
表4-29 「BIRO」、「ZERO CITY」の車両スペック
表4-30 「D208」、「D301」車両スペック
表4-31 「D306」、「D501」車両スペック
表4-32 「御捷A280」、「御捷Qシリーズ」車両スペック
表4-33 「御捷E330」、「御捷S325」車両スペック
表4-34 「吉瑞280」、「麗馳V5」車両スペック
表4-35 「麗馳E9」、「米」車両スペック
表4-36 「雷丁小王子」、「雷丁小騎士」車両スペック
表4-37 「雷丁i5」、「雷丁i9」車両スペック
表4-38 「T70」、「YD-360 悦享版H」車両スペック
表4-39 「A00」、「R5Li」車両スペック

ショートレポート
「2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望(2020年発刊、税別150,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全5ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 中国LSEV市場
 インド三輪車市場

3.注目トピック
  規制緩和による課題と可能性 ※1


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 次世代モビリティの国内販売台数予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2018~2019年実績、2020~2025年予測、2030年予測

※本レポートは、2020年発刊の「2020 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です